読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストは世界を変える!

無駄をはぶいて合理的に生きる。時間もお金も好きなことに集中。好きなことで稼ぐ、自立した女性を応援するサイト。

服を処分するときのコツ。同じ失敗をしないために。

ミニマリストの持ち物
スポンサーリンク

インナーを一枚処分することにしました。

 

こちらの日記に、インナー7枚の記録がありますが

その中から、白いカットソーを処分します。

f:id:megumakou2014:20141213103535j:plain

 STYLE MEというブランドの服で

義母に頂いたもの。

いまいち気に入らないので着用回数は月に一回くらい。

そこまで頻度の低いものは必要ないので、今回手放すことにしました。

服を手放す時は、次に同じ失敗をしないように

原因を探ることをおススメします。

服を捨てるときのコツ1~何が気に入らないのか、よく考える

今、捨てようとしているその服の

何が気に入らないのでしょうか?

 

デザインが気に入らないとしたら

購入した時には気に入っていたということなので

今度は、流行に左右されないシンプルなものを

買うと失敗が無いかもしれませんね。

 

毛玉が付いてしまった、又は擦れて生地が薄くなったとしたら

それは買い替え時ですが

もしかして、そのブランドは劣化が早い可能性もあります。

同じお店で購入しない方が経済的かもしれません。

 

他の服と合わないとしたら、次回買う時はしっかりと

計画を立てるべきです。

自分の服を頭の中で整理し、できればノートに書き出す。

その上で、欲しい服を探しに行けば失敗は激減するでしょう。

手持ちの服を把握せずに、さらに購入するなんて

私には考えられません。

お金の使い道を適当にするほど豊かではありませんから。

 

体型に合わなかったなら、服を変えるという選択肢の他に

体型を保つ努力が必要なのかもしれません。

また、自分の魅力を出してくれる服が良いのなら

試着したときに厳しく指摘してくれる友人を連れて行くとよいでしょう。

 

何が気に入らないのか、よく考えて理由がわかれば

次回は同じ失敗はしないはず。

 同じ失敗をすると、せっかくのお金が無駄になりますからね。

服を捨てるときのコツ2~次回購入時のプランを立てる

今、捨てようとしている服がなぜ気に入らないのかを洗い出せば

対策できます。

例えば、私の失敗例なのですが

手触りが悪いものは、結局着なくなる・・という事が頻繁にありました。

なので、肌に触れるものは、店で実際に触ってから購入するようにしています。

チクチク・・ざらざら・・こういったストレスが

着る頻度を下げます。

どんなにデザインが好きでも、私はダメです。

 

服が沢山あるけど、着る服が無い・・と言う人は

こういう選別の作業をきちんとすると

手持ちの服を処分できて、本当に着たい服だけが残りますよ。

 

さて、ここまで書きましたが

私が今回処分する服は、もともと頂いた物なので

購入時の思惑などは特になし。

義理の母は私の好みを知っているので

色は白、無地とポイントを押さえたセレクトをしてくれました。

 

しかし、どうしても自分で買ったものではないので

お気に入り・・という程にはなりませんでした。

他の服と合わせづらく、微妙に好みじゃなくて。

 

胸にギャザーのような飾りがあるだけで、着るのをためらってしまいました。

カジュアルな服に合わないし・・

今度カットソーを購入するときは、胸元に飾りのないデザインにします。

 

ちなみに、私は捨てる時は小さく切って

ウエス(使い捨ての小さな雑巾)にしてしまいます。

最後まで役立って頂きます。