読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストは世界を変える!

無駄をはぶいて合理的に生きる。時間もお金も好きなことに集中。好きなことで稼ぐ、自立した女性を応援するサイト。

ミニマリストは、自分の価値観で生きている。

ミニマリストの考え方
スポンサーリンク

ミニマリスト(少ない物で暮らす人)になるには、世間の価値観から離れる必要があります。 それは、普通の人が必要だと思っているものがとても多いからです。 

だって消費社会ですから。 

沢山の物を買うように、国も企業も仕向けてきます。テレビも雑誌も、季節が変わるたびに、イベントがあるたびに何かを買わせようと必死です。マイホーム、車、電化製品、スマホ。海外旅行、盛大な結婚式、お歳暮。自分へのご褒美のアクセサリーにチョコレートも? 

そんな世の中に従っていたら、どれだけ広い家に住んで、家に物を置き続けて、何かあれば物を買い、物を贈る。数年おきに家電を買い替え続ける。そのために、何十年働き続けなければいけないのでしょうか。私は、そんな生き方は嫌です。 

ミニマリストの価値観

ミニマリスト=少ない物だけ持って生きる人は世間の価値観から、ちょっと外れます。常に、自分が欲しい物だけを選ぶために他の人が当たり前に持っている物も、自分に必要なければ、持ちません。そのために、周囲から反感を買ったり変人と思われます。周りの人と話題がかみ合わず、疎遠になるかもしれません。しかし、周りから離れて自分が必要と思ったものを選んだら、人生がシンプルになります。 

選ぶ、ということは、選ばなかったものを捨てる、と言う意味。私の人生はこれだけあればいい、というものを見つけたら、残りのものは、手に入れないと決める。焦りが消える。人と比べることは、意味が無いから比べなくなる。本当に自分が大切にしたい物がそばにあるから生きていて楽しいし、不安じゃない。オリジナルの「自分の人生」を生きている。 世の中一般的に、持ってた方が安心、持っていたら幸せだよ!というメッセージを無視するのは、勇気がいる決断ですが、テレビで流れる幸せな家庭像は、本当にあなたにとっての幸せなのでしょうか。 

持たない暮らしがもたらす「ゆとり生活」

世の中の「幸せ」は、マスコミや会社や国が作った「幸せとはこうあるべき」という都合のよい刷り込みと思います。

あるいは、少し前の世代にとってはそれが正解でも、今は時代が変わり価値観は多様、生き方も多様です。外国人もいる、ゲイもいるし、一生独身も珍しくない。 

人生の大きな選択について、例えば、結婚する、子供を持つ、家を建てる等の一般的な幸せの象徴を、持たないことを決める。すると、今フルタイムで働いている方は労働時間を減らしパートで生きていけますよ。 

普通の人が持っているものを持たないと、お金はそれほど必要なくなってくるのです。 

飲み会や外食が減ればお金も浮きますし、服やカバンを買わなければ貯金もできる。色んなものを節約し始めると、生きるだけなら、思ったほどお金はかからないんです。 

自分の例ですが、私は今、夫と二人暮らしですが、独身時代と同じ金額で、二人で暮らせています。生活をミニマムに、小さいサイズに収めることは工夫すれば、できます。できないと思っている人は世の中の常識が邪魔をしているだけです。 

今の人生に違和感を感じているなら、この年末年始で物を処分してみてはどうでしょうか。 

少ない物だけ残し、ゆとりある心で毎日を丁寧に生きる。自分の人生を考えるヒマもない日常から、ゆとりのある毎日へ・・その一歩が、物を捨てることではないかと。 

今日は少し、思ったことを書いてみました。最後まで読んでくれてありがとうございました。