読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストは世界を変える!

無駄をはぶいて合理的に生きる。時間もお金も好きなことに集中。好きなことで稼ぐ、自立した女性を応援するサイト。

掃除嫌いの私が、掃除ができるようになった理由は?

インテリア・片づけ
スポンサーリンク

掃除が嫌いでも、主婦業は掃除が含まれる。

私、掃除は好きではありません。

面倒だし、生産性が無いからです。

その時間を他の事に充てたいと思います。

 

そうは言っても

「主婦」と言う職業には

料理、洗濯、家計管理

そして・・掃除が含まれています。

掃除は仕事の中に含まれているからには

これは、やらなければいけません。

 

この仕事があるお陰で

旦那さまと共同生活が送れています。

ビジネスライクに書いていますけど、結婚は就職先の一つです。

主婦業をこなしているおかげで、お給料をもらうんですからね。

 

さて、やりたくない掃除ですが

最近、以前より掃除ができるようになったので

気付きをシェアしておきます。

掃除は、溜めれば溜めるほど面倒に

掃除は、毎日きちんとやっていれば

1つ1つの作業は簡単なものです。

なでるだけ、さっと拭くだけ、というような作業になります。

 

例えばホコリを払う場合。頻繁に掃除するなら

クロスで表面を撫でる程度で済みます。

しかし、しばらく放置してしまうと

油っぽくなり固まってしまい、洗剤とスポンジでこすらないと落ちないため

大変な労力がかかります。

「撫でるだけ」と「洗剤とスポンジでこする」では全然手間が違いますよね。

f:id:megumakou2014:20150102204405j:plain

また、お風呂掃除も同様です。

毎日掃除するなら、洗剤も使わずにスポンジでひと拭きすればOKですが

何日も溜めてしまうと、水垢がつき、カビが生えるため

掃除は大変な作業になってしまいます。

スポンジでさっと拭くだけ」と「水垢とカビをブラシこする」では

労力が大違いです。

 

掃除をしたくない=掃除は大変な作業

私は掃除嫌いですが、それは毎日やっていないので

大変な作業だからです。

では、大変な作業では無くなる前に

掃除と思えないくらい簡単な、最小の労力で済むうちに

やっておけば良い!と気付きました。

「撫でておく」くらいなら、それほどストレスも無いので

時間を決めて、音楽をかけながらやってしまおうと。

 

私は用心深く神経質です。

仕事では、嫌な事(怒られたり、失敗したり)を避けるために

事前にしっかり準備をします。

しかし、家事についてはそこまで真剣さが足りず

深く考えずに過ごしてしまいました。 

仕事と同じように、自分が得意でない作業があるなら

それをしないために、事前に対応策を練っておくのは

当たり前なんですよね。

 

掃除をする、しないの「決断」から卒業。

掃除を「やる」か、「やらないか」

知らず知らずのうちに、私たちはいつも決断しています。

そして、やらないことを決断してしまうので、汚部屋になるのですが。。

決断をすると脳にストレスがかかるので

考えなくて済むように、毎日のルーチンワークにしましょう。

 

私は、午前中はパートの仕事に行っているため

昼食を食べた後が、一番家事をしやすい時間。

なので、昼食後に

お茶碗を洗うところから、家事をまとめてやることにしました。

 

お茶碗洗いと簡単にキッチン掃除(15分)

そのままゴム手袋をはめて、風呂掃除(10分)

最後に、掃除機or拭き掃除(10分)

35分の、毎日のルーチンワークを決めてみました。

 

そうすると、嫌々行っていた掃除から卒業し

毎日の流れ作業だけで

済むようになりました。

 

作業は楽しく!音楽を聞きながら

気分が上がる音楽を聞きながら、ノリノリで片づけちゃいましょう♪

お勧めは、テンポの良い、自然と体が動きたくなるような曲がいいですね。

リップスライムなどいかがでしょうか(個人的に好き:笑)

 

まとめ

・掃除は溜めるほど大変になるので、とにかく溜めない仕組み作りを

・掃除をするかしないかの決断はしない。毎日のルーチンにする。

・何も考えず、お気に入りの曲を聞きながら片づける

 

このような手順で、掃除ができるようになりました。

掃除が苦手な方の参考になれば嬉しいです。