読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストは世界を変える!

無駄をはぶいて合理的に生きる。時間もお金も好きなことに集中。好きなことで稼ぐ、自立した女性を応援するサイト。

時間泥棒がいない生活。

ミニマリストの考え方 時短術
スポンサーリンク

時間泥棒がいない生活

私は、今は時間にゆとりがある生活を送っています。

今の一日のスケジュールは

午前中はパートの仕事をして

午後から家事をして、残りの時間でブログを書いたり

好きなことをしています。

家事とは言っても、二人暮らしで洗濯も数日おきですし

家が狭いので掃除も速いです。

 

昼間、ソファの上で日記を書きながらボーっとしていて

とても幸せを感じていました。

 

f:id:megumakou2014:20150128233846j:plain

この時間の余裕はいつからだろう?と考えて

そういえば、「時間泥棒」がいなくなったと

気がつきました。

 私が思う、時間泥棒ベスト3

私が以前やっていたことで、今は無くなった時間泥棒の習慣を

挙げるとすると・・下記3つ。

 

1 多すぎる飲み会、ランチ会など

2 テレビを見る習慣

3 自己啓発

 

以下、一つづつ説明します。

1 多すぎる飲み会、ランチ会について

先日、人間関係の断捨離の記事にも書きましたが

自分基準で、人間関係を省いてみました(^^)

去年は飲み会ゼロも達成!やったね(笑) 

飲み会に行ったら2~3時間は拘束され

帰宅したら、もうお風呂に入って寝るだけの時間しか残らず

自分の時間がありません。

こういう時間の使い方をするととても疲労するので

なるべく避けています。

 そして、飲み会は出費がとても多い。

飲み会を減らすことができれば、家計的がとても楽になります。

ランチ会や女子会のような集まりも、今は全然行かなくなりました。

 2 テレビを見る習慣について

私の家には、数年前の地デジ化をきっかけに

本当にテレビがありません。

20代の頃は、一人暮らしをしている時は

常にテレビがつけっぱなしでした。

気付くと何時間でも見ていたものです。

テレビは習慣なので、見始めると本当に長時間見てしまします。

中毒性があります。

もちろん、テレビ番組にも優秀なコンテンツがあるので

録画して、時間を決めて見るのは良いと思います。

しかし私は誘惑に弱く、途中でやめることできません。

今は完全に見ないようにしています。

 

3 自己啓発について

自己啓発を時間泥棒だと言うのは変かもしれませんが

私は好奇心が旺盛で、勉強したり資格を取るのが好きなのです。

色々セミナーに行ったり、スクールに通っていました。

それは実は、自己啓発という名前の趣味だったんです。

 

知らないことを知るのは楽しいし

資格を取るのは、ゲーム感覚。

ゲームをクリアしたら嬉しいし

他の人にも尊敬されるというおまけ付き。

だから、一生懸命人生に取り組んでいるようなふりをして

自己啓発と言う遊びにハマっていた気がします。

それは、膨大な時間とお金をかけた割には、意味の無い事でした。

 

それに気付いてから、

結構時間が余ってきました。

どんだけ自己啓発好きだったのかというくらい

時間ができました。

 

今が一番、ゆとりがあって

そして幸せです(^^)

 

まとめ

・私にとっての時間泥棒は、人づきあい、テレビ、自己啓発。

・飲み会は、特に時間もお金もかかるので見直すと効果絶大。

 ・テレビは中毒性がある。見る場合は番組を決めて見るべし

・自己啓発や自分探しにハマると長い。

 

あなたの時間泥棒はなんですか?

意外に、つまらないことに時間を使っていることもあります。

忙しい忙しいと、手帳を真っ黒にしていても

そもそも必要の無い行動で、時間を埋めて

安心していませんか?

物の断捨離と同じように、時間の使い方も見直すことで

時間を手に入れることができます。

時間=人生です。

人生でやりたいことのために、大切な時間を使いましょう!