読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストは世界を変える!

無駄をはぶいて合理的に生きる。時間もお金も好きなことに集中。好きなことで稼ぐ、自立した女性を応援するサイト。

ブロガーの才能とは、結局は続けることだと思う

ブログ運営 人気記事(はてブ50超え)
スポンサーリンク

ブログを始める人は多いです。

パソコンとネット環境があれば誰でもできる。

初期投資がゼロに近いのでハードルが低いですね。

しかし、プロブロガーになる人ほんの少しです。

 

プロブロガーまでも行かなくても

人気ブログを継続するのはとても難しい

と思います。

上記のブログにこんな一文がありました。

要はプロというのは、「選ばれる」というより「残る」ものなのじゃないかしら、と。

割と世の中には天才と呼ばれる人は溢れていて、でもプロとして残るのはほんの一握り、その分野での才能と「継続という稀有な才能」を持ち合わせる人、みたいな。

それは運に依るのかもしれないし、絶対諦めないという執着に依るのかもしれない。

 「選ばれる」というより「残る」もの、と言うところが同意。

上手にできちゃう人、というのは沢山いるのですが

継続できる人だけが残っている印象です。

 

例えば学生の時に、音楽が好きでミュージシャンを目指している

仲間がいるとする。

しかし大人になるにつれ・・・一人、また一人と

夢を諦めて就職していく。

 

自分の情熱が冷めたり、他に興味が移る人もいるし

経済的にやっていけないからとか

彼女と結婚するので正社員になりたいとか

親の介護が必要になったので音楽を続けられなくなった等

色々な理由で、違う道を選んでいく。

 

最後に残った人が、結局はミュージシャンとして

食べていけるようになった・・・と

そういう事じゃないかと思うのです。

 

才能はもちろんあった方が良いけれど

続けられる『環境を整える力』が大切なのでは?

 

親の援助が受けられること。

バイト先での人間関係をクリアする力。

派遣会社で上手に自分をアピールする力。

自分の生き方を肯定してくれるパートナーとの出会いや

もっと言うと、パトロンを見つける力など。

 

生きていく中で、いろんな環境変化があり

その中で、ずっと熱い思いを持ち続けるのは難しく

揺れ動く心を支える環境作りが

かなり大きな部分かと思います。

それを含めて、「才能があった」ということなのでは。 

じゃあブロガーの才能は?

ブロガーは、ミュージシャンや小説家よりは

ハードルが低いです。

お小遣い程度に収入があるブロガーは、何万人といるでしょう。

一日に30分くらい時間を費やすなら

仕事や家事の合間でもできるので、やる気があれば

環境は整えやすいはずです。

 

しかし、それでもブログを続けることは難しい。

 私は一年くらいブログランキングを見ていますが

一時、上位にランクインしていても

数か月で消えていくブログは結構あります。

 

いろいろな事情があるでしょうか

仕事や、引っ越しや、家庭環境で

ブログを更新する時間が取れなくなり

続けられなくなった。

そうやって消えていく。

 

ブロガーの才能とは

日常生活の色々な出来事に左右されず

パソコンの前に座り続ける能力だと思うんです。 

仕事が忙しくても、子供がなかなか寝付かなくても

ちょっとした時間を見つけてパソコンを開く。

時間管理、自己管理、周りの人との調整をして

自分の好きな事をする時間を作りだせるのが

才能なのでは。

まとめ

・成功するまで、長期間継続するための環境作りが大事。

・プロになるには、環境の変化に耐え「残る」こと。

・ブロガーの才能とは、日常生活に流されずパソコンの前に座り続ける能力