読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストは世界を変える!

無駄をはぶいて合理的に生きる。時間もお金も好きなことに集中。好きなことで稼ぐ、自立した女性を応援するサイト。

自分を過去をチカラに変える。進撃の巨人16巻と、イケダハヤト氏からの学び。

学び・書評
スポンサーリンク

進撃の巨人16巻を読みました。

進撃の巨人(16) (講談社コミックス)

諫山 創 講談社 2015-04-09
売り上げランキング : 17
by ヨメレバ

 

進撃の巨人を読んだことがない方に説明するのは難しいですが

私がとても感動したので、できる範囲の記事にしてみます。

 

自分を突き動かす、悲しい記憶

巨人化できる家系に生まれてしまったために苦難の人生を歩むヒストリアは

世界の「神」になるため親からの期待を受け

巨人になり、主人公であるエレンを食べるように説得されます。 

 

父親に優しく説得され、親の期待通りに「神」になろうとします。

しかし、話しているうちに、父親の話に疑問を持ち矛盾を感じます。

 

父がヒストリア一家を殺して、世の中を混乱させた事を知ったエレンは

そもそも自分はいらない人間で、今までの闘いも無意味だったと絶望します。

 f:id:megumakou2014:20150412220211p:plain

 f:id:megumakou2014:20150412220242p:plain

それを見たヒストリアは、自分も母親に拒絶され

いらない人間だと悲しんだ記憶があるので、共感してしまうのです。

 

 

自分を嫌う母親に ふざけて抱きついて

拒絶された悲しい記憶が蘇り・・

f:id:megumakou2014:20150413064328p:plain

そして、ありのままの自分を認めてくれた、親友の言葉を胸に

父を裏切り、エレンを助けることにするのです。

 

そして私が一番心に響いた、感動のシーン。

  f:id:megumakou2014:20150412220228p:plain

 

f:id:megumakou2014:20150412220335p:plain

 

 同じ痛みを持つ人を、助けたい

ヒストリアは、自分の辛い過去の記憶があるので

同じように辛い人を助けたいと言います。

 

『いい子にもなれないし 神様にもなりたくない

でも・・・

自分なんかいらない

なんて言って

泣いてる人がいたら・・・

そんなことないよって 伝えにいきたい

 

それが誰だって!

どこにいたって !

私が必ず助けに行く!!』

 

それを見て

私がブログを通じてやりたいことはこれだ!

と、心の底から思いました。

 

私の痛みは、仕事が辛かったこと。

仕事上の人間関係に悩む人は多いでしょうが

私もその一人でした。

 

会社に行きたくない・・という気持ちが

とても、とてもよくわかるので

同じように悩む人が一番気にかかるのです。

 

私は、集団の中で仕事を続けることが下手。

一番に思いだすのは、憂鬱な月曜の朝です。

今日は苦手なあの人と一緒のシフトだ・・どうしよう・・という嫌な気持ち。

 

集団の中でどうやってふるまう?

お昼ご飯は誰と食べる?何を話す?

あの人に嫌われているのでは・・

上司にいいところを見せたい・・残業してでも終わらせよう・・

 

いろんな気持ちが交錯して

一人疲れるタイプですね。考え過ぎの中二病かもしれません。

でも苦手なんです。集団の中で、人と合わせることが。

 

辛い過去は、チカラになる

私がブログを書く原動力は

自分が辛かった時期を乗り越えた経験で

そのノウハウを沢山の人に伝えたいと思っています。

 

これって10年以上前から変わらない私の性質で

ダイエットに成功したら、それを伝えたくて栄養士になったので

仕事の悩みを解消したら、それを伝える人になりたい。

 

仕事で悩んだらいろんな選択肢を考えて欲しい。

会社を辞める、異業種で働く、資格を取って再就職、結婚する・・

そもそもそんなに働かなくてもいい生き方をすればいい。

誰もが、正社員でいられるわけじゃないし

誰もが、一日8時間も、他人と同じ場所で過ごすことができるわけじゃない。

病気、障害、家族の介護など、フルタイム働けない人は多い。

 

仕事のスタイルを変えて、ミニマリストになれば

いろんな悩みが一挙に解決するんです。

 

だから「世界を救う」というブログタイトルにしたのは

本当にそう思っているからで

少なく働きたい人は、ミニマムな暮らしをすれば生きていける。

ガッツリ働ける人はそのままでいい。

誰かとシェアしながら、一年の半分は旅行していたり

南国で暮らしてもいい。

自由な生き方の選択ができるはずなのに

日本人は少し、正社員や8時間労働にとらわれ過ぎと思う。

 

皆が無理することをやめて、好きなことを取り入れ

上手にシェアしながら暮らせば

ハッピーなのに。

と、世の中に対して伝えたいことが沢山あるのが

私がブログを書き続ける原動力になっています。

 

怒りは「創造力」へ!

こちらのイケダハヤト氏の記事で、怒りのエネルギーをモチベーションにすると

自然といい作品ができる、とありました。

(これ、とても良い記事です!必見)

私が、心の底から出てくるものは

満たされない、過去の記憶。

グロテスクで憂鬱すぎる月曜の朝の記憶が

私をパソコンに向かわせます。

 

仕事に行きたくなくて、足取りが重い感覚。

仕事に行く前に時間をつぶしながら飲むコーヒーの味。

昼休みに、あと5分で会社に戻らなきゃ・・という暗い気持ち。

 

そんな記憶こそが

今、宝物になっているんだなあと思いました。

 

 

姫姉様が、私がイケダさんを勧めるツイートに対する返事をくれて

この話もとても納得できました。

「社会への怒り」があるほうが、熱量があるんですね。

私は怒りというより、自分を癒したいという望みが強い方ですが

わかります。

 

人生に無駄なことはない。

 

仕事に悩む人に、もっと届けられるブログにしたい。

沢山の人に、自由な生き方を手に入れて欲しい。

そんな想いで、今後もブログ活動に力を入れていきたいと思います。