読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストは世界を変える!

無駄をはぶいて合理的に生きる。時間もお金も好きなことに集中。好きなことで稼ぐ、自立した女性を応援するサイト。

イライラしする自分を責めない。気分を変える方法を準備し、演技をしよう。

人間関係
スポンサーリンク

イライラしやすい私。家族にとって大迷惑

私は、イライラしやすい性格です。

友人や仕事上で、不機嫌になることはそれほどありませんが(八方美人です)、家族に対しては我慢ができません。家族など本当に親しい人に対して、こうしてほしいという欲求が強く出てしまいます。

 

私は一人暮らしが長かったので、あまり意識しませんでしたが

結婚し、毎日夫と顔を合わせるようになり、自分がすぐイライラすることに

気が付きました。

自分の機嫌が悪いと家の中がピリピリして、夫も安らぎの場所なのに安らげず・・大迷惑です。

『自分が機嫌よく過ごすこと』は何とかしたい問題でした。

 

男女の脳は違う。女性が納得いく会話はできない

よくある男女のすれ違いを分析! どうしてすれ違ってしまうの? - anan(アンアン) - X BRAND

カラダはココロと密接につながっているので、物事の感じ方も違うんです。性差は、人種や文化の違いよりも根が深い。男女間のやりとりは、異文化コミュニケーションのようなもの。男性は違う生き物だと思った方がいいです。

 『男女間のやりとりは、異文化コミュニケーション』というのは名言だと思います。

それくらい、男女の考え方は違うものなのに

つい、親しい間柄の相手には、自分の気持ちが伝わっていると思いがちで

こういうふうに話を聞いてくれるはず、と期待をしてしまうのです。

そして、期待が外れるとがっかりして、会話を続けたくなくなる。

食卓がシーンとしてしまいます(汗)

 

 相手に対してできないことを期待しない

 以前、「個性心理学」を学んだ時に聞いた話。

「犬に向かって、挨拶をしない奴だ!」と怒る人はいない。

「桜に対して、なぜ秋に咲かないんだ!」と怒る人もいない。

それは、最初から諦めているから。

 

そもそも無理なことを期待しているのであって

期待しなければ、怒らなくて済むのです。

男性に、女性が満足する会話術を期待しても無理なのです。

 

そう、相手は違う生き物なのですから。

 

f:id:megumakou2014:20150428172226j:plain

イライラしてしまう自分を責めない

頭では、異文化コミュニケーションなので期待しないと思っていても

つい、イライラしてしまうこともあります。

そんなとき、自分を責めることはないと割り切るようにしています。

余裕がない、忙しい、タスクが多い・・多くの現代女性は不安定な心を抱えています。

お子さんを持つ方や、フルタイム働く女性なんて

とても大変だろうと想像します。

 

気分を変える方法を準備しておく

では、どうするかというと

日々イライラするのは当たり前という前提で

『イラッとした時に、すぐに気分を変える方法を用意する』というのが現実的と思います。 

ストレス解消の方法はいろいろあると思いますが

私の場合は、多くの女性がそうであるように、会話をすることがストレス解消です。

なので、自分が楽しく話せる話題を用意することで、気分を変えることができます。

例えば・・

「今日、友人とランチに行ったら、●●が美味しかった」

「ブログでこんなことを書いてみた、どう思う?」

「駅前に新しいホールができるんだって!」

楽しく話せれば何でも良いので、ネタを用意すれば

イライラしていても、話しているうちに気分が回復します。

 

ちなみに、『食事中に楽しく話せるネタを3つ準備しなさい』というのは

テレフォン人生相談で、旦那様を喜ばせる妻の心得としてアドバイスされていました。

 

余談ですが、私、テレフォン人生相談好きです。たまに神回答があって感心します。すごいですよ、これ。

【テレフォン人生相談】ラジオでの悩みを聞き逃したら、YouTubeで毎日更新 - NAVER まとめ

大切な時間「夕食時」のみ注力する。

 イライラしてしまう自分を責めるのはやめました。

『女性は気分が不安定で、イライラするもの』と割り切って

重要な時間だけ、雰囲気づくりを頑張ることにしました。

重要な時間とは、「夕食タイム」です。

他の時間はきちんと向き合えなくても

この1時間だけは、自分の機嫌を保つように気を付けて

なるべく話題提供するように心がけています。

 

私の工夫は、上記に書いた「3つの話題を準備する」ことと

話題の種になるようなフリーペーパー・地域紙」等を置いています。

これで何とかつないで

あとは凝った料理を作るときは、その料理の由来や工夫を話しています。

 

多少の演技ができればいいんです。

毎日、いつでも機嫌よく自分をコントロールできるのは上級者。

そこまでできない一般人は、今できることを決めて、準備をして

決まった時間だけ演技をする。

家庭円満ならそれでよいのではと思います。

 

イライラしやすいと思っている女性の役に立てれば、幸いです。