読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストは世界を変える!

無駄をはぶいて合理的に生きる。時間もお金も好きなことに集中。好きなことで稼ぐ、自立した女性を応援するサイト。

4/10のミニマム文化祭のレポート。ミニマリストの話がたっぷり聞けた3時間!

オフ会
スポンサーリンク

4/10のミニマム文化祭レポート

ぽろり イラスト

4/10に、北海道の港町”小樽”にて、ミニマム文化祭が開催されました。ミニマリストが全国から集合し、ミニマムな暮らしについて語ったり、本の紹介ゲームなどをしながら、楽しく3時間を過ごしました。今日はそのレポートです。
この記事の写真撮影は広野ヨウ(id:mayoi_inu)さんです。

会場はカフェ&ゲストハウス「旧岡川薬局」

岡川薬局 外観

ミニマム文化祭の会場は北海道の南小樽。旧岡川薬局という、以前は薬局だった場所を改装して、カフェやゲストハウスとして使われている場所。外側は石造りですが、中は白い内装の明るいおしゃれカフェです。

岡川薬局 看板の字

2階の雑貨スペース。ナチュラル系雑貨や本がざっくり置いてあります。

岡川薬局 インテリア

これらは、文化祭の展示物。部屋のお片付けのビフォー・アフター写真です。 

ミニマム文化祭 ビフォーアフター

会場はこのように、二階から見下ろせる造りになっています。

ビブリオバトル 投票2

主催のミッドさんの挨拶

ミッドさん カツラ

ミッドさんの挨拶にてイベントはスタート。ミッドさんはトレードマークの赤ジャージを着て登場です。

あれ、髪の毛増えた?

と思ったら・・

 

ミッドさん 刈り上げ

カツラでした。このイベントに向けて、髪の毛もミニマムにされたそうです。スキンヘッドにした所あっという間に伸びて、今やベリーショートになったとのこと。部活っぽい。

ゲストトーク1 さぬっふぃーさん

さぬっふぃー トーク

ベトナムの民族衣装「アオザイ」を着て登場!さぬっふぃーさんは色んな国を旅されて、今は大学で研究をされているそうです。ミニマムに暮らすこと、そして一歩前へ進むことを話されていました。一生懸命伝えようとするその姿勢に心打たれた私です。

ゲストトーク2 青野すみれさん

すみれ トーク

すみれさんは、観客から質問を受けて答える質疑応答スタイルで進めていました。質問は「だんなさんは物の少ない暮らしに協力的か」「子供の持ち物は散らかるのでは」「結婚して良かったか」といったものでしたが、すみれさんは瀬戸内寂聴さんのようになめらかに答えていました。

悟っている」というのが私の感想です。質問の一つ上の次元で答えているのが印象的でした。

ゲストトーク3 ひかるさん

ひかる トーク

ひかるさんは、以前私は家にお邪魔したことがあるのですが、ものすっっごいミニマリストでした。給料をモノにつぎ込んでいたマキシマリスト時代を過ごし、家族との死別をきっかけにミニマリストになったとのこと。

現在は介護の仕事し、給料は半減しても、充実しているというお話が印象に残りました。ミニマリストになって人生が大きく動いた実例を聞かせていただきました。

ミニ・ビブリオバトル開催

ビブリオ説明中 ハナ

ビブリオバトルとは、好きな本を持ち寄って本の魅力を語り、参加者が一番読みたい本を決めるゲームです。司会はハナさん。発表者はゲストスピーカーの3名です。最初にひかるさんが発表しました。紹介した本は、「脳を鍛えるには運動しかない」です。

動かない生物「ほや」は、自分の脳を食べてしまう・・という衝撃のエピソードから、人は運動することで脳を活性化し、うつ病のような精神的な病も改善するとのこと。運動は苦手ですが、メンタルに良い影響があるならやってみたいなと、すごく興味を持ちました。

ビブリオ ひかる 

次に、すみれさんは吉野弘さん著「二人が睦まじくいるためには」を紹介。こちらは詩集で、結婚式場で仕事をしていた時に、吉野弘さんの詩を挙式で読まれる方が多かったので知ったとのこと。

すみれさんが、一番気に入っている詩を一つ朗読してくれました。「祝婚歌」という有名な詩です。詳細はこちらに全文が記載されていたのでどうぞ。

ビブリオ すみれ 

最後に、さぬっふぃーさんは「EAT&RUN 100マイルを走る僕の旅」を紹介。完全菜食主義者にしてウルトラマラソンを走るというランナーの本。

さぬっふぃーさんは、なんと未経験から、フルマラソンを走るようになったとのエピソードが!・・すごい変化です。走ることで、精神的にも良い影響があった野も興味深いです。ひかるさんもさぬっふぃーさんも同じく運動系の本を薦めていて、ミニマリストは物が少なくなると、次の興味は自分自身の体に向かうのかなと思いました。体は一番大切な資産ですから。

ビブリオ さぬっふぃー

ビブリオバトル 投票

その後、参加者の投票により、すみれさんが紹介した「二人が睦まじくいるためには」が優勝しました。自分が普段手に取らない本を知ることができて、楽しい時間でした!

音響担当ココさん

ココさんが、ずっとBGMを流して盛り上げて下さいました。 

常備菜カフェ

常備菜ブログを運営しているくすりやさんが、この日のために常備菜を作ってくれました。

くすりや 常備菜説明

常備菜2種はこちら。

・サツマイモとリンゴの重ね煮→レシピはこちら
・切干&ひじき入りエスニックサラダ→レシピこちら

常備菜

春雨入りのサラダは、薄味で余分な脂を使わず、とてもさっぱりしたサラダでした。薄味に作ってあるので、飽きたら少し味を変えて食べると良いとのこと。

サツマイモと林檎の甘煮は、サツマイモが甘みが強いものだったので、砂糖を減らして作ったとのこと。リンゴがトロトロに柔らかくなって、箸休めのような感覚で食べられそうです。私だったらシナモンとバター乗せちゃうな、なんて思ってしまうほど、体が喜びそうな、素材の味を楽しめる常備菜でした。

ゲストトーク4 ないなりさん

ないなり トーク

ないなりさんは、ゲストスピーカーでしたが飛行機に乗り遅れて、イベントの終わり際に到着されました。 あんみつさん(写真右手)が、トークゲストに感想を聞いていた時に、到着されたので、いきなりマイクを渡されて困るないなりさん。突然の振りに対応しきれず、迷走トークをされていました(^^;

あんみつさん&チャンさん

f:id:megumakou2014:20160414095100j:plain

その後、あんみつさんの司会で、4名揃ったゲストスピーカーにそれぞれ今日の感想を語ってもらい、イベントは終了しました。

2次会はルタオ本店のカフェ 

ルタオ本店 外観

ルタオは小樽市に本店のあるお菓子屋さんです。2次会は本店の二階カフェで行われました。中はこんな感じの広い空間です。白い壁と、少し高級感のあるインテリアです。100席あるので団体でも入れて予約もOKです、便利!

ルタオカフェ 店内

2次会からはエリサさんも参加されました。中央左の柄シャツを着ているのがエリサさんです。すみれさんと談笑中。tomokickさんが優しく見守ります。

ルタオカフェ 2次会

参加者の紹介

それでは、ミニマル文化祭に参加された方を紹介します。

パン屋さんとハナさん
左から、札幌のパン屋さん「詩とパンと珈琲 モンクール」の店長Tさん、ビブリオバトル司会のハナさん。

むぎちゃさん、ひろさん、トモキックさん
中央がヒロさん、左手tomokickさん、右手がむぎちゃさん。むぎちゃさんに頂いたイチゴの焼き菓子美味しかったです♪

とりみぎさん&ベーコンさん
中央とりみぎさん。とりみぎさんは、身体に優しいお菓子を作っていらっしゃいます。私も注文しよう♪

右手がベーコンさん。ものすごく印象的な名刺をお持ちでした。さすがデザイナーさんです。

Aさん&マギーさん
左手はAさん。ブログは書いてませんがオフ会によく来られる活動的な方です。右手はマギーさん。細い・・細いよマギーさん。

オカダさん&めぐ 
中央がオカダさん。お話したら若くてびっくり!

にゃんすさん&ちえりさん
左手がにゃんすさん。ほぼお話できなかったので改めてお会いしたいです。右手がちえりさん。礼儀正しいお嬢様でした^^

じぇんさん、にゃんすさん
左手がじぇんさん。お話しできませんでした・・またの機会に。イベント中に開脚してるのがめっちゃ気になりました(笑)。右手はすんすんらんどさん。なぜこの名前に(笑)

女子4名ソファ
ほのぼの4人組の図。左手から、くすりやさん、マギーさん、しずさん、むぎちゃさん。 

すんすん、こむ、ハナ
2次会会場にて、高級ソファ席でくつろぐ3名。左手前から、すんすんらんどさん、こむさん、ハナさん。

メグ、リース、ないなり、ひかる
左手奥から、リースさん、メグ、右奥ないなりさん、ひかるさん。私が食費が月3万円だと言ったら、ないなりさんは月10万円というのが衝撃でした(笑)。少々問い詰めました(笑)


これでレポートは終わりです。最後に集合写真を撮りました。顔を隠したい人は隠して下さいとの一言に、不自然なポーズをとる皆さんの図。ミッドさんとさぬっふいーさんは堂々としてますね。

 ミニマム文化祭 集合写真

感想

・ゲストスピーカーの話が面白く人選が上手かった。目的もやり方も違うミニマムな話が興味深かった。

・ビブリオバトルで知らない本に出合えて面白かった。司会進行もスムーズだった。
・常備菜が美味しかった。レシピがあるともっと良い。飲み物は3時間あるなら1ドリンクだと足りないので、各自注文しやすい雰囲気を作ってはどうか。

私が文化祭を企画するとしたら

・コミュニケーションを円滑にするために、名札と名簿を作ります。

・全体の時間割があると流れがわかるので、タイムテーブルと名簿を印刷したものを作ります。例えば11:30~12:30ゲストトーク、などと書いてあれば、聞く人も喋る人も目安になります。

・受付係&会場案内係を置いて、着席するまでをスムーズにします。地方の方もいるので、南小樽駅で待ち合わせして集団移動します。

・シークレットゲストは、パフォーマンス性のある出し物にするか、皆さんが驚くようなゲストを呼び、登場するまで隠れていてもらいます。

・お昼を挟むイベントなら、軽食やお菓子類を多めに準備します。

 

最後に

イベントのゲストをMIDさんが描いたイラストを載せておきます。

真ん中がすみれさん。右があんみつさん。味があるなぁ(笑)

ミニマム文化祭 張り紙

ポロリ注意。

ぽろり注意

沢山の人にお会いできて濃い時間を過ごせました。
このイベントは第1回ということで、2回目も続いていくようです。次回参加したいという方は、MIDさんのブログをチェックして下さいね!

こちらもどうぞ

mamashizue.hatenablog.com

tulipa.hateblo.jp

smile-simplelife.hatenablog.jp

 

主婦向けのオンラインサロン 先行予約を受付中
主婦向けのオンラインサロンのメンバーを募集します

人気の記事はこちら
時間が無い人必見!ミニマリストの情報収集まとめ
はてなブログの初心者向け、アクセスアップの方法を振り返る。ブログ村、読者登録、記事の工夫について
ブログで「書評」を速く書く方法を公開します 

 北海道のカフェ探索ブログも更新中
札幌カフェめぐり