読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストは世界を変える!

無駄をはぶいて合理的に生きる。時間もお金も好きなことに集中。好きなことで稼ぐ、自立した女性を応援するサイト。

7月の家計簿公開と、出費の振り返り

お金
スポンサーリンク

7月の支出をまとめました。お金をかけないように(一応)工夫して生活しています。

ちなみに6月はこちら→ミニマリストの家計簿公開(6月)と出費の振り返り - 楽に生きる方法

 

7月の支出

家賃 51,100

電気 9,622(旦那さん自宅作業のため高額)

水道 2,073

灯油 0

NTT 4,183

都市ガス 4,662

奨学金 7,057(半額づつ返済)

生命保険 8,140(旦那さんの終身保険)

食費 33,421

雑費 10,321

交際費その他 27,050

合計 157,629

※プロバイダ料金、旦那さん小遣いは旦那さん払いなので計算に入れていません。私の年金については7月は旦那さんの会社持ちなのでゼロです。

 固定費は削り、その他はあまり気にしていません

無駄遣いしないようにはしていますが、あまり節約している意識もなく、今月は交際費も多めですしフリーにやっています。

その代り、毎月必ず出ていく「固定費」を少なくしているので、仕組みのお蔭で助けられているのです。

固定費(準固定費含む)は、家賃、プロバイダ料金、保険、NHK受信料、携帯料金といったものでしょうか。それぞれ少し説明します。 

家賃は1/3を占める大きな出費。こだわるならココ!

私の場合、家賃の安い家を探すために引っ越し時点でかなり検討しました。結婚してから今のマンションが3件目です。結婚当初に住んだマンションは今より2万円ほど高額で、今思えば贅沢しすぎました。その後2回引っ越しましたが、今が一番経済的で環境も良く、満足しています。

友人のお姉さんが不動産屋さんに勤めていたので、思わぬ良い物件と出会ったのが幸運でした。そのおかげで、引っ越して3年経ちましたが、毎月出ていくお金が抑えられています。

家賃は給料の1/3を占める出費と言われるくらい、一番の高額な固定費です。ここを削れば、ずーーーっと、住み続ける限り節約できますから、安い家に住めるように時間をかけて探してみてはいかがでしょうか。

3月が引っ越しシーズンなので避けて、春以降に半年くらいかけて物件を探していると、良い物件が値下がりしていることもありますのでじっくり探してみましょう。そんな私も、さらに安い家を探しています(^^) 

保険料金は家族に合わせて変えていく

保険はシンプルでいいと個人的に思っています。

私は、旦那様と二人で子供がいないので、旦那さんの生命保険だけ入っています。私に何かあっても大金は要らないし、もし病気でお金が沢山必要になれば、高額医療で戻ってくるからそれほど必要ないのではと考えています。

旦那さんの生命保険は、貯蓄を兼ねた終身保険です。私と結婚する以前は高額な保険に入っていたので、結婚後に見直させていただきました。

それぞれの家族に必要な分だけ入っておけば、何万円も必要になるとは思えないので、もし現在高額だなあと思っていたら、見直しできるかもしれませんね。 

テレビはありません、携帯ありません。

テレビはないです。よってNHK受信料は払っていません。

詳細こちら→ミニマリストの家には テレビが無い。 - 楽に生きる方法

PHSを持っていましたがやめました。ゼロ円です。

詳細こちら→携帯メールチェックが無い生活で、手に入れたもの。 - 楽に生きる方法 

このように、固定費削減を頑張っているお蔭で、その他はわりとゆるくやっています。とはいえ外食はあまりしないし、飲み会も行きませんので、全く考えていないわけではありませんが。

節約したい方のヒントになれば幸いです^^メグでした! 

関連記事

夫婦二人月15万生活:節約術まとめ - 楽に生きる方法