読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストは世界を変える!

無駄をはぶいて合理的に生きる。時間もお金も好きなことに集中。好きなことで稼ぐ、自立した女性を応援するサイト。

ミニマリスト歴1年の主婦が、新たに手放したもの3つ。洗い替えはいらない、使っていないものは持たない。

インテリア・片づけ
スポンサーリンク

バスマットを買ったら予備ができた

バスマットを買いました。モップのような素材の手触り(足触り?)が気に入っているマットで、アマゾンで同じタイプを再度購入しました。紫色が鮮やかなマットです。

その時に、古いマットを取っておこうと思ったのですが、収納しようと4つに畳んでみると、厚くて場所を取ることに気づきました。

先日バスタオルが場所を取るという話を書きましたが▼

ミニマリストが一度手放して、再度使うことにしたもの「バスタオル」。物を持つデメリットについても考える。

バスタオル以上に、バスマットも場所を取るのです!

引き出しにマットを入れてみると、一気に圧迫感を感じました。こんなに私の持ち物を増やしたくないなあ・・とげんなり。

 

そもそも洗い替えは必要か?

そこで、そもそも洗い替え必要?と考えてみました。

例えば、毎日使うものは洗い替えが必要です。下着や靴下など、洗濯する間も着ていたいですからね。1日おきに洗濯するとしたら、1日目に着るもの、2日目に着るもの、そして洗濯する間に着るもの、と最低3つは必要になります。

でもバスマットの場合は、朝洗濯したら夜には乾いています。もし乾いていなければ、その日だけ適当なタオルでも敷いておけば良いのです。わざわざ収納スペースを確保し、家賃の一部を投入してまで、洗い替えを置いておく必要はないと思いました。

 

玄関マットも予備はいらない

さらに、玄関マットの洗い替えも必要ないと気づきました。敷いてなくてもさほど困るものではありません。2枚持っていたのですが、1枚手放すことができました。これで収納スペースがさらに広くなりました!

 

今使っていないものを手放す

私は賃貸マンション住まいで、数年内に引っ越しをする予定です。なので”今は使わないけれど引っ越し先で使うかもしれないもの”を捨てられません。

例えば除湿器。今の部屋は乾燥するので必要ありませんが、引っ越し先で使うかもしれません。とはいえ、除湿器は押入れでかなりスペースを占領しています。

今回、除湿器を思い切って捨てることにしました。購入した値段も8000円程度で、10年以上前に買った物なので形も古くて大きいです。もし次に買うとしたら、もっと小さくて使いやすいものが安価で手に入るでしょう。そう考えると手放した方がいいと気づきました。

 

持ち続けるデメリットを考える

物を捨てる時にこれが無いと将来困るかもしれない、という不安は大きいものです。使おうと思った時にそれが無かったら、買い直さなければいけない。そう考えると色んなものを捨てることをためらっていました。

しかし、ミニマリストを1年くらい続けていると、だんだん考えが変わってきました。

家の中に使ってない物を置き続けるコストは膨大と気付いたのです。物を置き続ける心理面、スペース面のデメリットは実は大きいんです。

ホテルの部屋 

以前の記事にも書きましたが、物を持つということは、本来あった何もない空間を手放すことなのです。ホテルのようにすっきりした空間であるはずの部屋が、物を置くことで視界が悪くなります。

ミニマリストが一度手放して、再度使うことにしたもの「バスタオル」。物を持つデメリットについても考える。 

さらに、物を持つと、良いタイミングで使うために物の存在を覚えておく必要も出てきます。頭の中でも物が場所を取るのです。これホント!

部屋のスッキリさを保ち、自分の頭もクリアにしておくのは、家でブログを書いたり仕事をする私にとって、なにより大事なこと。

混乱した頭で考え事をすると、決断が鈍ってしまいます。クリアな思考でいるために、物は少ない方がいいのです。

まとめ

思い出の物や服を捨てるのは大変でも、「洗い替え」ならまだハードルが低いのではないでしょうか。そして今使っていないものは、再度購入する時の値段とシミュレーションすることで、気軽に捨てられるかもしれません。

捨てられない方のヒントになれば幸いです。

 

・暮らしについて関連記事

本が捨てられない!本好きで大量に持っていた本を15冊まで減らせた4つの理由

ミニマリストのクローゼット公開。服は本当にこれだけ。

・自己紹介してみました

あらためて、自己紹介。

・健康系の記事は別ブログにしました

少食、断食で健康を目指そう!

・北海道ブログも更新しています

札幌カフェめぐり