読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストは世界を変える!

無駄をはぶいて合理的に生きる。時間もお金も好きなことに集中。好きなことで稼ぐ、自立した女性を応援するサイト。

家事を合理化したい!家事が苦手なミニマリスト主婦が考えた、ポイントを押さえた家事のコツ7つ

インテリア・片づけ ミニマリストの考え方
スポンサーリンク

家事があまり得意でない主婦です

料理は好きですが、掃除は得意ではありません。洗濯も面倒なので、できればしたくないです。そんなずぼら主婦の私が、徹底的に家事を合理化したいなと思って、気づいがことをまとめました。

洗濯物 シャツ

掃除を合理化する方法

空間を狭く

掃除を究極的にしないためには、家を持たないことです。ホテル暮らしを続ければ掃除から卒業できます。

が、まあ普通の人はそうはいきません。じゃあ次にやることは、掃除を簡単にするために狭い部屋に住み、物を減らすことです。家が狭いほど、掃除をするスペースは狭くなります。分かりやすい例でいうと、2階建ての一軒家だと掃除機をかけるのに10分以上かかりますが、2DKの家なら5分もかかりません。

そして、色々な断捨離やミニマリストさんの本で言われているように、物を減らすと格段に掃除が楽になります

飾り物を減らして平面が多いと、ホコリをとるのもさっとひとはらいで済みますし、床に物が少なければ掃除機をかけるのも早く、移動距離も短くなります。お掃除用の便利グッズを買うより、確実にお掃除を合理化する方法だと思います。

汚さない工夫を考える

そもそも汚さない方法も考えられます。例えば、料理をしていて油が跳ねるとしたら使い捨ての油よけガードを購入し、掃除の手間を省くことができます(もっと言えば、油汚れが嫌なので揚げ物をしない、という選択肢もあり)。また、床に物をこぼさないように、食べ物はリビングで食べて持ち歩かない、などルールを決めることも効果的でしょう。ホコリが付かないように布でカバーをかけたり、床にワックスがけをするのも一案です。

 

洗濯を合理化する方法

こまめに洗うと、干す時に悩まない

洗濯機があれば、大変な部分が機械がやってくれます。手をかける部分は、干す、畳む、収納のみです(乾燥機があればさらに便利です。乾燥まで機械がやってくれればあとは畳んで収納するだけ)。

干す時の工夫については、私は1日おきに洗濯し、一度に洗う量を減らしています(2人暮らしなのでこの頻度ですが、家族が多ければ毎日になるでしょう)。以前は3~4日おきでしたが、一度に干す量が増えると、スペースに収まらずにハンガーを新たに持ってきたり、むりやり狭いスペースに干したりしないといけません。こまめに洗濯すると、同じ場所に干せるので、一定量で管理しやすいのです。頭を使わないためストレスが減ります。

ハンガー収納は手間いらず

畳むのが面倒ならできるだけハンガー収納にする、というのが一番楽です。友人のエリサさんはハンガー収納をしています。

【結果】洗濯物、たたむ?たたまない? - 魔法使いのシンプルライフ

私も、肌着や下着以外はハンガーにかけてしまいます。畳まない方が楽で、そもそも服の量が少ないのでどちらでも良いかも・・。

 

料理を合理化する方法

全部、または一部の料理をやめる

究極は、毎日外食をして料理をしないことです。一人暮らしならこの方がコスパが良い場合もあります。料理をしないと沢山の物を手放せます。

また、外食はしなくても食事の一部を、でき合いのお惣菜やお弁当で済ませるのも一つの案です。メインの料理を買ってきて、お味噌汁やサラダだけ自宅で作るのはコスパの良い選択だと思います。外食や中食では、野菜料理が割高なのです。メイン料理だけ買うならたまにデパ地下のような場所で購入するのも良いでしょう。

レパートリーを広げない

では自宅で自炊する場合を考えると、どこまでレパートリーを広げるか、本格的な料理をするかがポイントになります。たとえば本格中華料理を作るなら、中華鍋を始め、それなりの道具が必要になります。

本格料理は作らないと決めれば、家には一般的な調味料だけあればOKです。凝った調味料「八角」「ローズマリー」のようなものは断捨離し、普通の調味料で作れる物だけをレパートリーにすればよいのです。調理器具も同じです。フライパンや普通のお鍋で作れるものだけをレパートリーにすれば、沢山の器具を持たずに済みます。

家族が喜ぶ定番メニューだけ作る

家庭料理は100のレパートリーは必要ないと思っています。カレーや焼きそばのような人気メニューは、月に2回以上登場しても文句言わないでしょう。家族が喜ぶ定番料理が、せいぜい20パターンくらいあれば充分ではないでしょうか?あとはお取り寄せしたり、調味料セットを購入するなどして、一から作らない。そうすることで、自分の家の中の物を増やし過ぎなくてもたまに変わった献立も登場させることができます。

毎日一から手作りする、というところからちょっと離れて、便利なものを適度に取り入れると、自分も楽で家族も目先が変わって喜ぶと思います。 

手抜き料理は、ズボラ料理研究家の奥園さんの本からかなり学びました。献立例もあります。

まとめ

・掃除~物を減らし掃除のしやすい部屋づくりをする。そもそも汚さない工夫も考える

・洗濯~一定量をこまめに洗い、ハンガー収納

・料理~全部を作ろうと思わない。適度に外食・中食・○○の素を使い、定番メニューだけを作るようにする 

私の中でこんな風に落ち着いてきました。皆さんの工夫があれば教えてくださいね^^

 

・暮らしについて関連記事

掃除嫌いのミニマリストが考えた、掃除を簡単に済ませる方法4つ

「超簡単な献立ベスト10」を考えてみた

・自己紹介してみました

あらためて、自己紹介。

・健康系の記事は別ブログにしました

少食、断食で健康を目指そう!

・北海道ブログも更新しています

札幌カフェめぐり