ミニマリストは世界を変える!

今が辛い人、疲れた人に、今日より明日が楽になる工夫を届けたい。

【災害対策】お薬手帳アプリで災害対策&いつもの通院でも便利度UP!

f:id:megumakou2014:20180923140711j:plain

先日、北海道地震を経験しました。幸い自分の住む場所は被害が少なかったのですが、現在でも避難生活を送る方もいらっしゃいます。
そんな時、病気治療中で服薬をしている方が、薬を持たずに避難したら、薬が無くなると急に体調を崩す危険があります。

被災時に医療を受ける場合、今まで飲んでいた薬を自分でお医者さんに伝えなければいけません。でもお薬手帳を持って逃げられない場合もあるでしょう。
そんな時、アプリを使うことで、お薬手帳が無くてもスマホさえあれ薬を処方してもらえる事がわかりました。また、処方箋をアプリで登録し薬局に送ると待ち時間短縮ができるのです!便利な使い方ができるので、普段からアプリを使っておきたいと思い調べてみました。

常用している薬が無くなったら

先日の北海道地震では、幸い避難はせずに済みました。避難袋に一週間ぶんの薬を入れてますが、長期化した場合、薬を切らしてしまうかもしれません。
被災後に、医師に処方してもらう際に、お薬手帳やメモがあればわかりますが、何も無い場合、自分の飲んでいる薬を正確に覚えて伝える必要があります。しかし多種類飲んでいる方にとって、薬の名前と量を覚えていない方も多いのでは。

お薬手帳アプリのメリット

そんなとき、連絡手段であり日頃から持ち歩いているスマホさえあれば、アプリで服薬記録が確認できます

アプリには家族数名分の登録ができるので、家族が多い場合は、手帳をそれぞれ持つより、スマホアプリ1つに集約されたほうが管理が楽ですよね。例えば、お子さんが3人いるご家庭なら特に場所もとらず間違って違う手帳を出すこともなくなります。

日常生活でとっても便利な機能もあります。病院で診察した後、アプリで事前に薬局に処方箋を送ることができるのです!体調が悪い時に長時間待たされるのは辛いですよね。薬局に行く前に処方箋を送っておけば、待ち時間短縮になりますし、家の近くの薬局で受け取る事も可能なのでスムーズな受取ができそうです(※注 全ての薬局が対応しているわけではありません)。

とはいえ・・アプリを検索してみると、いろんな会社や薬局がアプリが数十種類も出ており、どれを選べばいいのか悩みました。私も苦労したので、今回は参加している薬局が多いアプリを3つ紹介します。

参加薬局の多い代表的なアプリを紹介

お薬手帳プラス

お薬手帳プラスは、日本調剤薬局で使えるアプリです。日本調剤薬局は、全国599店、北海道にも45店舗あります。対応店舗はこちらから探せます。 

ポケットファーマシー

ポケットファーマシーは、みらくる薬局、ふじい薬局系列で使えるアプリです。加盟薬局はこちらから探せます。北海道には68店舗あります。

EPARKくすりの窓口

EPARKくすりの窓口は、ツルハドラッグや、みらくる薬局を含め、加入店舗数がNO1とのこと。店舗はこちらから検索できます。ネットで調剤を受付している店舗が10695店舗、北海道だけでも232店舗あり。

早速、スマホで登録してみました

試しに「EPARKくすりの窓口」に登録してみました。対応している薬局が多く、自宅の近くや駅の近くに、対応店舗のツルハドラッグがあるという理由です。

以下、アプリの画像を紹介します。
登録時には、薬局のアンケート用紙に書く項目の、名前、生年月日、住所など個人情報を登録します。その後、使い方の説明画面が出てきました。

f:id:megumakou2014:20180923115857p:plain

一つのスマホで最大10人分の家族情報を登録できる!大家族でもOK

ですね^^ 時間指定で受取ができるなんて、宅急便のようです。

f:id:megumakou2014:20180923115910p:plain

お薬手帳を、紙から読み取る時は
1 QRコードを読み込む
2 撮影して保存する
3 自動反映して保存する※対応店舗のみ
とのことです。

で、その後にアプリから薬局に予約し、薬ができたら薬局から連絡が入るとのこと。

f:id:megumakou2014:20180923115916p:plain

私の行きやすい対応店舗を、住所から検索してみました。下の画像は、札幌市中央区の検索結果です。地下鉄大通駅の地下街に店舗があるので、何かのついでに行きやすいです^^

ツルハドラッグでも扱っているのでそちらも行けて便利♪

f:id:megumakou2014:20180923115931p:plain

このように、自分の行きやすい店舗を探して、処方箋を送信すれば、災害時でなくても便利に使う事が可能です。
まだ使っていない方は、この機会に試してみてはどうでしょうか。私も次回のお薬をもらう際に早速使ってレビューしたいと思います。 

お薬手帳アプリのメリットまとめ

・災害時にお薬手帳がなくても、スマホがあればスムーズに薬をもらえる(旅行など自宅から離れた場所で受診する時も便利)
10名分まで一括管理できるため、家族それぞれの手帳を持たなくてOK
処方箋を薬局に送信でき、薬を受け取る時間短縮になる(対応薬局のみ)

災害時の対策に、普段の受診にも便利なアプリのご紹介でした。早速使ってみたよ、という方、もう使っている方の感想など、下のコメント欄に書き込んでくれると嬉しいです^^ 

※今日の記事を書くにあたり、以下の記事を参考にさせていただきました。

電子お薬手帳アプリおすすめ4選 2018~服薬管理、家族管理ができるアプリなどを徹底比較 | 燃料店ドットコム nenryo10.com

↑アプリの選び方について、最初に「かかりつけ薬局が対応しているか」を検討するのはベストだと思いました。

災害時のお薬手帳の意義について ~東日本大震災時の支援活動に学ぶ(1/2)│電子お薬手帳harmo(ハルモ)

↑現場で、医師と薬剤師が奮闘した話が書かれています。お薬手帳がない場合、現場で判断し薬を出すのが大変だという事がわかりました。

暮らしの参考になるブログの記事集(ブログ村テーマ) 

災害に遭遇した時に必要なものは?

自然災害(地震・台風・大雪など)の話題 

地震災害時の生活(助け合い) 

記事に共感してくださったら、下の画像をクリックお願いします。いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

スピリチュアルのブログをはじめました。

megulife.hatenablog.com

このブログの管理人の自己紹介はこちら(8月15日更新しました)
あらためて、自己紹介。 - ミニマリストは世界を変える!

エッセオンラインで記事を書いています
本多メグ アーカイブ | ESSE-online(エッセ オンライン)