ミニマリストは世界を変える!

今が辛い人、疲れた人に、今日より明日が楽になる工夫を届けたい。

【ブロガーの確定申告】青色申告は難しくない!手順を忘れないようにメモしました。

f:id:megumakou2014:20180316230405j:plain

確定申告2年目でした。去年は初めてだったので時間がかかりましたが、今年は慣れたのですぐ終わるつもりでした。しかしすっかり忘れていて、1年ぶりの申告書作りに手間取ったので、自分メモも含めて手順を残しておきます
ソフトがあれば、最初にいくつかの仕訳さえ覚えてしまえば難しくありません。今回は、はじめて申告をする方にも役に立つようにまとめました。

確定申告の事前準備

会計ソフトはMFクラウドを使っています。これ選んだ理由は、年間8800円と他社と比べて価格が安かった点と、チャットで気軽に質問できる点、事前の評判が良かったので決めました。
※1年目で不安な場合は電話サポート付きのプラン(年間17200円)を検討しても良いと思います。

今年は2年目でしたので、去年とほぼ同じ作業で、日々の入力には困りませんでした。ブロガーは一人仕事でやることも限られているため、仕訳(簿記の記帳ルールのこと)はワンパターンです。

よく使う仕訳パターン

ちなみに、私がよく使う仕訳は以下のパターン。
・仕事中に食べる軽食をクレジットカードで買った~雑費/未払い金
・本をクレジットカードで買った~新聞図書費/未払い金
・仕事相手に現金でお土産を買った~接待交際費/現金
・スタバで現金でコーヒーを買い、ブログを書いた~会議費/現金
・グーグルアドセンスの振り込みがあった~普通預金/売上高
・サイト作成を外注した~外注工賃/普通預金
・地下鉄に乗ってオフ会に行った~旅費交通費/現金

おおまかに、こんな仕分けです。
私は、仕事でお金を使う場合はなるべくクレジットカードを使用します。会計ソフトにクレジットカードを登録しておけば自動で仕分けされるためです。現金使用だと手入力の作業が発生するので、カードを使うことで手間をカットできます。

注意点は、「仕事用」「私用」クレジットカードが同じだと、仕事に関係ない自分の買物と後から分けなければなりません。ごちゃごちゃになりますので、仕事専用のクレジットカードを作りましょう

作業1 家賃と光熱費の入力

消耗品などの日々のレシートの入力は、溜めないようにその都度入力します。家計簿と一緒で、溜めると面倒ですからね。

その他に、日常的に使っている経費「家賃と光熱費」を1年分まとめて入力しました。私は自宅で作業をするため、家賃や光熱費も経費として計上できます。毎月の家計簿から、それらをピックアップして入力しました。
また、家賃を計上する際、大家さんの名前と住所を入力します。

作業2 登録していない仕事先からの入金を入力する

グーグルアドセンスやアフィリエイトなど、入金先ごとに事前に登録すれば自動的にソフトが振り分けてくれます。今回、事前に準備していなかった仕事先からの入金を手入力しました。単発の仕事などです。

作業3 明らかにおかしい仕訳をチェック

MFクラウドは、一度仕訳をすると、同じ入金先や出金先からの取引があると、自動的に同じ仕分けをしてくれます。そんな便利な機能があるのですが、クレジットカードから自動仕分けされているのに、忘れていてレシートから手入力もしてしまった場合もあります。同じ金額・同じ仕訳は自動的にソフトがチェックして「重複してますよ」と教えてくれます(これ便利)。確認して、本当に重複なら片方削除します。

また、自分がやった記憶がない仕訳があれば、うっかりミスの可能性もあるので調べます。それも併せてチェックします。

作業4 確定申告の帳票をプレビューして、モレやミスを探す

試しに確定申告の表をPDFでプレビューしてみます。昨年の帳簿と比べ、明らかに昨年と違う部分がないか、空欄が無いかなど確かめます。

これで、全部で6枚(青色申告決算書4枚+確定申告書2枚)の提出物が完成しました!

作業5 印刷する

6枚の提出物と、それぞれ控えが必要なので全12枚を印刷します。
※税務署から送られてくる用紙は使いません。会計ソフトで税務署から来る形式とまったく同じものが印刷できるためです(私は知らなくて、計算はソフト任せでも、その後に用紙に書き写すのかと思ってました)
私は、ネットワークプリントというサービスを使ってコンビニで印刷しました。A4サイズで白黒20円、カラー60円かかります。
もちろん、自宅にプリンターがある方はプリンターで普通に印刷できます。

作業6 押印し、必要書類を張る

印刷したら押印し、日付を入れます。また、保険証書類、ふるさと納税の書類など台紙に張ります。医療費のメモなどあれば一緒に入れます。我が家は、夫も確定申告しているので、税金関連は旦那さん側で処理してくれています。したがって、自分で提出する書類は少ないです。

これで、返信用の封筒を入れ切手を貼り、封をして所属する税務所宛に送ればOKです!申告は郵送でも可能です

さいごに

確定申告は、入力さえ済ませて置けば、書類作成だけなら60~90分あれば終わると思います。短時間でできるのは、全て会計ソフトのお蔭です。確定申告の用紙に手で書かなくても、印刷すればOKですからね。
今年は手順を忘れていたので時間がかかりましたが、来年は1時間で終わらせられるように、自分メモも含めて書きました。

また、確定申告で、どこまで経費にできるの?という疑問は、こちらの本を読めば大体わかりました。イラスト入りで、ギリギリのところまで説明してくれています。これ一冊読めば予備知識はOKです^^

 

エッセオンラインで記事を書いています
ミニマムに暮らしつつ、節約するヒントを書きました。エッセオンラインに寄稿した記事まとめ

オンラインサロンメンバーで作った家事ワザをNOTEにまとめました

note.mu