読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストは世界を変える!

無駄をはぶいて合理的に生きる。時間もお金も好きなことに集中。好きなことで稼ぐ、自立した女性を応援するサイト。

手作り化粧水は一ヶ月で18円!無添加で安心、お金のかからない化粧水のレシピを紹介します。

美容費節約
スポンサーリンク

手作り化粧水は、安全で激安

f:id:megumakou2014:20151127075119j:plain

以前、美容費の節約の記事を書きました。詳細は下記へ

スキンケア5点。手作りしつつ、最小限。

手作りの化粧水とせっけんを愛用しています。化粧水の後はワセリンを薄く塗って終わりです。スキンケアはとってもシンプルです。

しかも、手作りすると、ほとんどお金がかからないのです。今日は激安の化粧水のレシピを紹介します。(※私オリジナルではなく、今井龍也先生という医師の方が考案された「美肌水」というものです)

化粧水の材料 

元々のレシピは、こちらの本で知りました。

3日で効く美肌スキンケア―医師が教える簡単・安価・安心の手作りコスメ

今井 龍弥 マキノ出版 2003-05
売り上げランキング : 200438
by ヨメレバ

医師の今井龍弥先生が考案した「美肌水」という化粧水のレシピで、雑誌のゆほびかに取り上げられたことで有名になったそうです。 5年ほど前にこちらの本で知り、それからずっと使っているレシピです。

本にもレシピなどが載っていますが、下記サイトにざっくりとした作り方がありました。

マキノ出版|ゆほびか|Dr.Imaiの手作り健康術:美肌水

以下、美肌水のレシピを紹介します。

 化粧水の材料

・グリセリン 小さじ1

・尿素 50g

・水道水 200ml

・空き容器 1つ(ペットボトルなど)

グリセリン」は聞き慣れないかもしれませんが、アルコールの一種で、浣腸にも使われるくらい優しい素材です。私は最初500ml入りを購入したのですが全然減らず(笑)、これから買う方は下記の100ml程度をお勧めします。これで20回作れます。

尿素」はハンドクリームの材料などで聞き覚えがあるかもしれませんね。お肌の保湿や、肥料にも使われるものです。市販の尿素は、手作り化粧品用に精製されたものと、園芸用の無精製のものがありますが、安価な園芸用で十分と本にありました。こちらは700gで360円です。一度に使う量は50gなので、14回分になります。 

というわけで、二つ合計しても初期投資700円です。14回作ったら1回で200mlの美肌水原液が50円。しかもこれは原液なので、10倍に薄め、一度に3ml使用×朝晩2回で、83日使用できます。ということは・・

一日あたり0.6円。一ヶ月でも18円。

めちゃめちゃ、安いです。

f:id:megumakou2014:20151127100915j:plain 

化粧水の作り方

1 空き容器に水と尿素を入れてよく振る

2 尿素が溶けたらグリセリンを入れ、軽く振ってできあがり。

これで原液ができます。これを、顔に使う場合は10倍に、身体に使う場合は5倍に薄めます。

f:id:megumakou2014:20151127100910j:plain

↑できあがった原液。ほぼ透明です。

市販の化粧水と、手作りの化粧水の違いはあまりなかった

以前は、普通に市販の化粧水・乳液・美容液まで!購入していたこともあります。仕事が忙しかった時期は、こういう所にお金をかけて、疲れた時に化粧品のカウンターに座ってメイクしてもらう(結局は買って帰る)時間が好きでした。

コスメカウンターに行くと女子力が上がった気になるし、買った商品は丁寧に梱包で、紙袋もちょっと豪華。そんな紙袋を持って歩くのさえ、オシャレだと錯覚していた自分もいます。が、私の場合ですが、高額な化粧品を使っていた時より、今のほぼ0円化粧水を使っているほうが、お肌の調子が良いです。

さらに言うと、実は化粧品の質より、普段食べているものを方が美肌に直結すると思います。新鮮な野菜や果物など「素材」を食べれば肌の調子は良いし、アイスクリーム食べたら翌日、吹き出物ができるんです(笑)分かりやすいアラフォーのお肌・・。そう考えると、一番の投資はやっぱり「食事」なんですよね。健康を作り、美肌を作るもとになります。

何にお金をかけるか?本当にそれは価値があるのか?

私たちは、なぜ市販の化粧品を購入するのでしょうか?単にCMで流れていたり、化粧品は買うものだという企業のPRの結果です。最初から、家族や友人が手作りしていたら、買わなかったでしょう。こういうことは他にも沢山あるのです。「買う」が第一選択肢になっていて、自然派志向だったり、アレルギー持ちなどの理由で、市販品以外の選択肢を見つけて、手作りを始める人も少数現れてくる。でも何も考えず生活していると、普通にCMを見て女性誌を見て、素敵なクリスマスコフレを買ってしまう。

私は、化粧品を買うことで「素敵な気分」も買っていました。それはあくまで気分で、錯覚です。その時はそれで良かったかもしれません。でも、今は自分のお金や時間を使う部分をシビアに見極めて、自由でいたい。だから、化粧品にはもうエネルギーもお金も注がないでいようと思います。

【札幌近郊の方へ】手作り化粧品に興味あれば、私の家に材料沢山あるので、おすそ分けしますよ^^ツイッターやブックマークのコメントで声かけてくださいね~

こちらの記事もお勧め

お金のかからないシンプル美容法まとめ

ミニマリストの美容費は、月500円