読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストは世界を変える!

無駄をはぶいて合理的に生きる。時間もお金も好きなことに集中。好きなことで稼ぐ、自立した女性を応援するサイト。

アイロンはもういらない。断捨離のコツはアウトソーシング。

ミニマリストの持ち物 ミニマリストの考え方
スポンサーリンク

アイロンがけが嫌いすぎる

アイロンがけが嫌いです。面倒な作業はだいたい苦手。
以前は、スーツを着る時や、どうしてもシャツをピシッとさせたい時(めったにない)だけ、年に数回アイロンを使っていました。最近はアイロンが必要な服を避けています。

旦那さんは自営業でスーツ不要なため、サラリーマンのように毎日Yシャツを着るすることもありません。プライベートで夏場にシャツを着る時だけたまにアイロンをかけていました。ひと月に1~2回ほどです。

アイロン

頻度が低いので手放す

アイロンが必要になる場面が少ないと気づきました。特に冬場は旦那さんもニットやパーカーを着ているため、今年に入ってからアイロンをかけていないのです。
アイロンはともかくアイロン台は場所をとりますし、この機会に断捨離しようと決めました。

もし、今後アイロンをかけたくなったら、クリーニングに出せば良いのです。頻度が低いならお金もあまりかかりませんし、家の中にめったに使わないものを置いておくくらいならそのスペースを空けておきたい。そして、アイロンがけの手間と時間を、自分の好きに使いたいです。

 

家事をアウトソーシングする

こちらの記事の中に、気軽なアウトソーシングの例が載っていました。

自分を知らなければ何を得ても幸せになれない!「私のトリセツ」のすすめ : 書庫のある家@i-cube

アウトソーシングの話は後半にありますが、この記事で、自分の時間を増やすには色々なモノに頼ることもできるのだな、という気づきがありました。

本文より

電車・バス・タクシーは「移動のアウトソーシング」です。

外食は「料理と片づけのアウトソーシング」です。

クリーニングは「洗濯のアウトソーシング」です。

学校は「教育のアウトソーシング」です。

デイサービスは「介護のアウトソーシング」です。

この世の中にあるあらゆる商品やサービスは、アウトソーシングと言い換えられると思っています。

外食は「料理」のアウトソーシングなのはわかりますが、さらに「片づけ」のアウトソーシングだったというのが発見でした。

外食をすれば、茶碗を洗い食器を片付ける必要もありません。ワインやビールを飲んだグラスを洗わなくても、空の瓶を資源ごみに分別しなくてもいいのです。外食は、食べている時間だけでなく、その後のゆとりの時間も作ってくれているんだな、と良さを見直しました。


そして今回アイロンがけを止めてクリーニングに出すことは、「洗濯」そして「アイロンがけ」のアウトソーシングなのです。洗濯する前にポケットの中に物が無いか確かめ、ネットに入れ、洗濯しハンガーに干す、収納する・・という一連の作業が減ります。数百円で自分の時間を作り、手間を減らすことができるのです。

便利なこの時代に、自分が全ての物を所有していなくても良いのではないでしょうか。替わりになるサービスがあったり、必要な時だけ友人に借りる、またはシェアするという選択肢もあります。
色んなサービスやお店を上手に使い、自分の時間を最大限に増やす、という柔軟な考えを持つと楽になれそうです。


・ランキング参加中です。一日一回、下の羊の絵を押していただけると更新の励みになります。こちらのイラストはMID(id:midnight_monster)さんが描いてくれました。

 

・こちらの記事もどうぞ

家事を合理化したい!家事が苦手なミニマリスト主婦が考えた、ポイントを押さえた家事のコツ7つ 

ミニマリストがお勧めする、断捨離に本当に役に立った5冊の本を紹介します

 

・いろいろ参考にしているブログの記事です(ブログ村テーマ)

家事が楽しくなるモノ・工夫 

時短家事の工夫 

 

・自己紹介してみました

あらためて、自己紹介 

 

・ブログ村でアクセスアップする方法を販売中

主婦向け・ブログ村攻略の教科書|メグ|note