読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストは世界を変える!

無駄をはぶいて合理的に生きる。時間もお金も好きなことに集中。好きなことで稼ぐ、自立した女性を応援するサイト。

仕事が辛いなら辞めていい。給付金をもらいながらゆっくり考えよう!

働き方
スポンサーリンク

f:id:megumakou2014:20150815222459j:plain

仕事が辛い人って、沢山いると思うんです。この記事を読んでくれているあなたも、もしかしてそうかもしれませんね。

私は数年前に体調を崩して会社を辞めました。その後、求職者支援訓練という制度を使ったお蔭で、給付金をもらいながら学校に通い資格を取得できたのです。その期間があったおかげで、体調も復活し心にもゆとりができました。

「職業訓練」は比較的知名度が高いですが、「求職者支援訓練」は知らない方も多いと思うのでご紹介します。

求職者支援訓練とは?

求職者支援訓練とは、雇用保険(失業保険)を受けられない人が、無料でスキルアップできる講座を受講できる仕組みです。失業保険をもらえる人は、以前からある職業訓練を受ける(失業保険をもらいながらなので収入のが確保されている)ことが可能ですが、働いていた期間が短くて失業保険が受けられない人でも使える制度が求職者支援訓練なのです。働く意思があれば誰でも受講できる緩い制度です(収入が多かったり、資産を持っているとNGですが)。

この仕組みを使うと、3~4か月の間は月10万円をもらいながら、学校に通って資格を取れるのです!。超お得な制度です。詳しくは下記をご覧ください。

求職者支援訓練活用ガイド | 制度を理解してステップアップ! 

どんな訓練があるの?

求職者支援訓練 認定コース情報

上記のサイトで、お住まいの都道府県で検索してみてください。例えば、私の住む北海道札幌市の場合、介護系、ITプログラミング系、エクセルやワードなどPC系、医療事務、ネイリストのコースもあります。期間は3か月から半年程度で、その学校によって開講時間はまちまちです。

私は2年ほど前に、簿記のクラスを受講していたのですが、朝9時半~14時半で4か月間通いました。簿記2級、ワード、エクセル、ビジネスマナーなどいくつかの資格を取得できるコースでした。

それぞれの学校で違いはあるでしょうが、基本的に倍率が高くないコースは誰でも入れると思ってよいでしょう。学校側も商売なので、生徒が多い方が良いですからね。形ばかりの面接があって、面接を受けたほぼ全員が受かっていました。

そのあと公共職業訓練を受講したのですが、その時は倍率2倍で一般常識の試験、厳しい面接が待っていました。公共職業訓練に受かるのは対策が必要です。

給付金を受けられる条件は 

1 本人収入が月8万円以下
2 世帯全体の収入が月25万円(年300万円)以下
3 世帯全体の金融資産が300万円以下
4 現在住んでいるところ以外に土地・建物を所有していない 

事前にこれらの条件を満たしていることが必須です。1の月8万以下は無職ならクリアですね。2について、配偶者や家族がいる場合は、月25万以上稼いでいる方がいればアウトです。単身者なら全然問題ありません。3についても貯金300万円ある方はアウト。貯金あるなら、自分のお金で受講しなさいと言うことですね^^;4についても資産があるなら換金して受講しなさいということでしょう。

その他に、講座が始まったら8割以上出席することが求められますので、趣味のイベントがあるから休みたい・・といった自己都合は認められません。これは厳しいものでした。体調不良なら病院へ行った記録が必ず必要ですし、面接に行ったら面接官にサインを頂かなければいけません。ずる休みできない仕組みはきっちりありました。

給付金をもらい、その間に人生プランを立て直そう!

求職者支援訓練は3~6か月ほど続きます。勉強は少し大変かもしれませんが、毎日残業しながらブラック企業に勤めるよりは心も体も休まるはず。そうやって、人生の休む期間を使って、今後の自分の方向性を考え直すと良いと思います。

実際、私の通っていた訓練校は9時半~14時半という短時間だったので、何もなければ15時に家に帰っていました。もちろん家でも授業の復習などはしていましたが、働いている時に比べたら格段に時間にゆとりのある生活が送れました。とても良い「オフタイム」になったんですよね・・。

仕事が辛いなら、少し休もう

職場が辛かったら逃げて良いと私は思います。仕事との相性も、職場との相性もありますから、無理しないで転職すればいいんです。年齢が上がれば転職しづらくなると言いますが、以前よりは転職が一般化し、そしてスキルを身につける機会も沢山あるので、自己分析して、自分の武器を持って転職活動をすれば次のチャンスはあるのです。一度職を失ったら終わり・・と怖がらない方が良いと個人的には思います。

給付金をもらっている間は、何度もハローワークで相談を受ける機会もありますし、自分が納得のいく仕事につけるように考え直す機会になりますね。

雇用保険(失業保険)の受給資格がある方は、職業訓練が受けられますので、そちらで同じようにお金をもらいながら学ぶことができます。

職業訓練のコース検索はコチラ。

公共職業訓練コースの検索について|厚生労働省 

今、仕事に悩んでいる方、お金をもらいながら休む、という選択肢も考えてみてくださいね!メグでした。