読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストは世界を変える!

無駄をはぶいて合理的に生きる。時間もお金も好きなことに集中。好きなことで稼ぐ、自立した女性を応援するサイト。

ブログの方向性に悩んだらこの本がお勧め 「マンガで食えない人の壁」から学んだこと。

ブログ運営
スポンサーリンク

マンガ家の悩みを、ブログにも応用しよう! 

マンガで食えない人の壁を読みました。プロの漫画家13人に、漫画論をインタビューした本です。絵と文字で表現する「マンガ家」と、WEB上の文字や画像を中心とする「ブロガー」、表現は違ってもどちらもクリエイターです。ブロガーが役に立ちそうな部分を紹介します。

大きなテーマを語るか、日常を語るか

僕自身はチャンスがあれば天下を取りたいという人間なんですが、みんなそう思っているわけではないですよね。

でも僕は子供の頃から、まわりもそうだと思っていたんですよ。みんな天下を狙っているんだと。

でもそうじゃなくてささやかな小さな幸せを大切に生きている人もいると。そういう人は、そんな小さな幸せを漫画に描けるんですよね。~中略~。

泣かせるんだったら大泣きするというのは描けるんですが、日常の小さな幸せみたいなのは無理です。そういうことは捨てて生きてきた人間なので。自分にないものは描けないんですよ

私もどちらかと言えば、天下を取りたい方です。だからブログタイトルに「世界を変える!」とか付けてしまう(苦笑)。日常の幸せを丁寧に書くようなブログにはなりません。

日常を書くと言えば、やっぱり私の中でヨガとシンプルライフのみうさんとか、ネコハウスの山音ことらさんとか。細やかさを感じる方々です。

私が暮らしのことを書く時は、大抵コスパが良いか、時短できるか、掃除が楽かどうか。インテリアも手作りも・・うーん興味がない。書いても薄っぺらくなります。

これを読んでいるあなたも、自分はどういう方向が得意なのか考えてみてはいかがでしょうか。

「自分に書けるポイント」を探す

自分に描けるポイントというのが、その人その人にあるはずなので、そこを探していくといいと思うんです。たぶんそのポイントは自分が好きだった漫画とか映画に隠されていたりするはずですよ。自分は、魂とか命がけで描けとか大仰なことをすぐ言っちゃうのです

「命がけ」「魂」・・こういうストレートさが男性読者の心を掴むのでしょうね。

私はもっと緩く、楽しい人生を送る女性を増やしたいです。その為にミニマリストが一番合理的なのでミニマリストを押しつつ、好きを仕事にする方法を伝えたい。

大仰に生きている人は、全力で魂込めた方がいいんですよ。細やかに生きている人はその細やかさで勝負していけばいいんですよ。日常からそうあるべきです

自分の特性を早めに理解して、そっちの方向に振り切ったほうが良いでしょう。

上記のコメントを書かれた、樹崎聖先生のマンガはこちら↓

変態の部分で勝負しろ

自分の変態の部分で描け、そこで勝負しろと。だいたいみんな変態な部分があるはずなので、そこを描こうと。恥ずかしい部分を描くのも大事な作家性なので。

自分が好きでもないものを描いても、好きな人にはバレてしまうんですよ。だから自分の好きな部分で勝負するといいです

これはブログでも同じですね。自分が本当に好きなことをテーマにして書くべきです

例えば、クレジットカードのサイトが儲かるからって、好きでもないカード比較サイトを作っても、勝算は低いでしょう。本当にクレジットカードが好きな人の作った手の込んだサイトや、企業サイト等、世の中にライバルは沢山いるのです。

その手間を掛けるなら、自分が好きな趣味のグッズ(例えば釣りが趣味なら”世界のルアー”比較サイト等)を全力で書いたほうが、絶対に良いサイトができる。言葉も次々に湧き出てきます。

自分が大好きでワクワクするテーマについて書いていると、その時間が楽しいのです^^

書けない時にも、自分を知ること

 (描けない時期の対処方について)確かになかなか描けないことはありますよね。

じゃあどうするかというとその方法も、自分の性格はこうだから、こうすれば絶対描くという方法を見つけてそう持っていくしかないと思うんです

自分の性格・行動パターンを知り「絶対書く」ようにコントロールするのですね。

ブロガーでよく言われているのが、家では誘惑が多くて書けないので、カフェでブログを書く例。これは、人の目があれば頑張れる、気軽に他の作業ができない、トイレに立ちづらいなど制約をかけてブログを書くしかない環境に追い込んでいます。

また「毎日更新!」と宣言して守れなかったら恥ずかしいので宣言してしまう方法や、仲間がいれば頑張れるので、オフ会をしてモチベーションを上げるというのも効果的です。

自分を知って、上手にコントロールする。環境を変える。そういった続けるための工夫もブロガーには必要と思いました。

上のコメントを書かれた、大崎充先生のマンガはこちら↓

ブロガーの基礎教養は「好奇心」

漫画家で長続きしている人って、本当にいろんなことを知っているんです。やっぱりたくさんのことに興味を持っていて、たえず野次馬であり続けている。それってひとつの基礎教養なんですよ。

1年未満で消えるブロガーは多いです。ほとんどの人は続けられません。ブログ飯を目指さないまでも、ある程度結果を出すためには継続は必須です。

そんな中で長続きしている人は、好奇心を持って常にアンテナを立てている人と思うのです。インプットが無いと、ブログを1年以上続けるのは難しいでしょう。好奇心がある、知りたがり屋、そういう人がブロガーに向いていると思います。

上のコメントを書かれた、すがやみつる先生のマンガはこちら↓親指から血が(゚Д゚;)

まとめ

・自分の書きたいものが大仰なテーマか?日々の幸せなのか?
・自分が変態だと思えるくらい好きなことを書こう!
・スランプで書けない時も、自分の行動パターンから絶対書く仕組みを作ろう
・好奇心旺盛で野次馬根性がある人がブロガーに向いている

こちらの記事もどうぞ

「マンガで食えない人の壁」から学んだ、読まれるブログの心構え3つ 

こちらの記事も参考に(ブログ村トラコミュ)

本・感想・評論・レビュー 
私の人生を変えた一冊 

ランキングに参加しています。一日一回下のボタンを押すとランキングが上がり、更新の励みになります(クリックするとランキングが見られます)
 

ブログ村でアクセスアップする方法を販売中
主婦向け・ブログ村攻略の教科書|メグ|note

人気の記事はこちら
ミニマリストがお勧めする、断捨離に本当に役に立った5冊の本を紹介します
はてなブログの初心者向け、アクセスアップの方法を振り返る。ブログ村、読者登録、記事の工夫について
「インベスターZ」が人生を学べる良い教科書だった!投資マンガから学んだ8つのこと