ミニマリストは世界を変える!

今が辛い人、疲れた人に、今日より明日が楽になる工夫を届けたい。

青色申告申請書と開業届を提出。税務署に行ってきた話。

開業届を出してきました

いち主婦だった私ですが、お蔭さまでブロガーとしてある程度収入を得ることができるようになりました。今年からは個人事業主でやっていこうと思い「開業届」、そしてセットで「青色申告申請書」を出してきました。

確定申告には、「白色」「青色」の2種類があります。「青色」の方が手間はかかりますが65万円の控除が受けられるとのことで、私はもちろん青色申告にしました、コスパ大事!(笑)

というわけで、初めて税務署へ行ってきました。

札幌西税務署 外観

提出するのはA4の紙2枚のみ 

申請書の書き方については、下の記事を参考にしました。

ブロガーとして開業届を提出してきた

わからなかったところは

・屋号をどうするか?→空欄でOK

・職業欄は?→「ライター」にしました。文筆業、webライターでも良いそうです。

・事業の概要は?→「web上の文章作成、サイトの運営」としました。

・備付帳簿名はどれ?→「現金出納帳・売掛帳・買掛帳・経費帳・固定資産台帳」

以上を、ネットを見ながら大まかに記入して持っていきました。あと、控えが必要とのことで1部づつコピーをして持参しました。

 

税務署に行ってきた

札幌西税務署 外観 縦

北海道の3月は寒いです。マイナス気温の中、地下鉄から徒歩9分のところにある、札幌市西税務署に出向きました。

入口に入るとすぐ簡易的な提出コーナーがありました。提出だけの人はこちらで済ませてられるようです。そこで私が質問しようとすると
ここでは質問に答えられないので、2階の総合受付に行って下さい」とのこと。
エレベーターで2階へ上がり、総合受付で質問をしてきました。

窓口で質問する

私が聞きたかったのは、青色申告承認申請書の「備付帳簿名」の部分です。帳簿名が20程並んでいて、どれを選ぶかわからなかったので、直接聞きたかったのです。

男性に質問すると、「青色申告は帳簿は沢山の種類があるが、基本となる帳簿は5つ。これは必ず提出が必要」と説明してくれました。

とりあえず5つを出しておけばOKとのことで、「現金出納帳・売掛帳・買掛帳・経費帳・固定資産台帳」のところにマルをして、無事提出してきました。事前に調べた時には、控えが必要とありましたが、特にハンコを押されるわけでも無いので、家に帰ってから教えてもらった部分にマルを付けました。

下のパンフレットと、来年提出する申請書の見本もいただきました。

青色申告テキスト

滞在時間は10分程で、今年の一つの大きな仕事が終わりました(まだ早い)。ちょっとした達成感がありました。今年は頑張るぞ!と決意を新たにした一日でした。

 

これから開業する方は、下記の本がイラスト入りで突っ込んだ内容で必読です!。ブラックなことまでしっかり書いてあります。どこまで経費にするのか、建前と本音を学べました。

 

会計ソフトはMFクラウド使用

1月1日から、青色申告用のソフトを使ってお金の管理を始めました。いくつか比較してみて、MFクラウドを使ってみることにしました。

参考にしたのは、ももねいろさんのこちらの記事です。

個人事業主のクラウド会計ソフト比較。freee、やよい、MFクラウドを超初心者が比べて使ってみた感想 | 暮らしラク

私は簿記の仕訳はおおよそわかるので、超初心者向けの「freeee」じゃなくても大丈夫と判断し、あとは値段で比較して、MFクラウドにしました。今のところ順調に使えています。もう少し続けたらレビューしたいと思います。

先日、主婦向けのオンラインサロンも始めたので、今年は忙しい一年になりそうです。

 

 

・こちらの記事もどうぞ

実際そこんとこどうなの?がわかるフリーランスのための、申告・節税の基本を学べる本 

お金と仲良くなれる方法は、「良い友達」のように扱うこと。「松浦弥太郎の新しいお金術」より