ミニマリストは世界を変える!

ミニマムな暮らしは人生のハードルを下げます。合理的で楽な暮らしを発信中

服を処分する前に「お直し」「リメイク」という選択肢があったと気づいた話

手持ちの服が傷んだら、買い替えますか?

それとも、お直ししますか?

私はほぼ買い替えていたのですが、フランスの「物を大切に扱う考え方」に影響を受け、お直ししました。物との向き合い方について紹介します。

フランス流の「お直しながら長く着る」考え方に出会う

10年間着ていたお気に入りのキルティングジャケットがあります。いつのまにか袖がこすれて、小さな穴が空いていました。

そろそろ買い替えようと思っていたら、フランスの YouTuber さんの動画を見て「お直し」という選択肢に気づきました。

「フランス流シンプルシックな暮らし」というチャンネルです。

www.youtube.com

こちらの動画で、

・傷んだら「お直し」

・年齢や生活スタイルに合わせて「リメイク」し使い続ける

こういった、普段忘れていたことが紹介されていたのです!

そう、直せるんですよね、服って・・。忘れていました。

今の日本では、服が傷んだら、よほど高級品以外は、新品に買い替えるのが主流になっていると感じています。バッグや靴は手入れしても、シャツやスカートを直して着続けるのは少数派でしょう。

フランスは違いました。服だけではなく、全てのものを工夫しながら使い切るのです

「フランス人は10着しか服を持たない」を読んだ時の以来の衝撃!

動画では良い物をきちんと手入れして、最後まで使っていらっしゃいました。

袖を詰めるお直しにチャレンジ

そこで、新品を買うではなく、ジャケットの袖をお直しすることに。
お直しに出したら数千円かかるので、まずは自分でやってみました。

袖口が擦れて、穴が開いています↓(自分で適当に縫ってごまかしていました)。

穴が開いたテープ部分を切り取りました。ミシンを持っていないため、内側に折り、100均のすそ上げテープと手縫いで、なんとか仕上げました。

下は、お直しした後の写真です。さほど変わらないと思います。

袖丈が5ミリぐらい短くなりましたが、元々長めだったので問題ナシ。
これでまた10年ぐらい着られそうです。エコやSDGsが盛んに言われている今、簡単に手放さなくてよかった。

最後に

動画で紹介されていた言葉で

「手放す前に直すことを考え、その方法が見つからなかったとき、新しいものと差し替える」

この考え、取り入れたいと思いました。最大限に服を活かせますし、差し替えすれば物が増えません。

流行に合わせ服を変えていきたい人には向きませんが、服の傾向が変わらない方には良いアイディアと思います。

今あるものを、最大限、活用していきたいです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。下のバナーをクリック応援していただけると大変嬉しいです(ブログランキングに移動します) 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

シンプルライフの情報はこちらもどうぞ(ブログ村テーマ)

シンプル・ミニマルライフの美容と健康

ミニマリストな生活 & シンプルライフ

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし 

素敵な大人のシンプルライフ

ミニマリストの持ち物 

 

数秘術占いのサイトも運営中。自分の性格を知りたい方におすすめします。

numerology.hateblo.jp