ミニマリストは世界を変える!

今が辛い人、疲れた人に、今日より明日が楽になる工夫を届けたい。

あらためて、自己紹介。

※2018年8月更新

いつもブログをご覧になって頂きありがとうございます。このブログの管理人、本多めぐの紹介をします。

プロフィール

本多めぐと申します。苗字の「本多」は旧姓です。私の本来の名前を大切にしたい想いもあり、旧姓を使うことにしました。1974年3月生まれ。牡羊座です。

f:id:megumakou2014:20180704211343j:plain
※この記事の写真は広野ヨウ (id:mayoi_inu) さん撮影です。

家族構成と住まい 

優しいだんなさまと二人暮らし。旦那さまの職業は音楽家。お互い20代はバンド活動をしていて、それがきっかけで結婚しました。今は北海道札幌市に在住。生まれは北海道の東側の田舎町。牛がたくさんいる場所で育ちました。

職歴や学び

20代はフリーターでした。音楽が好きでバンド活動に夢中になり、将来の事は何も考えていませんでした。その後、真面目に働く気になり20代後半で介護の仕事に就く。ダイエットに成功したのをきっかけに栄養士を目指し、30歳で短大の栄養科へ入学。

33~37歳まで病院・フィットネスクラブ・企業での栄養指導等していました。その後、カフェ店員、セラピスト等を経て・・2015年よりブログを書くのが主な仕事です。

趣味や好きなこと

趣味は読書やネットを見ることです。好きなマンガは「進撃の巨人」「3月のライオン」。好きな著者は本田健さん、勝間和代さん。最近は健康に関する本、スピリチュアルやメンタル系の本をよく読みます。

また、本と同じようにネットの記事を読みます。好きなサイトはBooks&Apps。読みごたえあり、色んな視点の記事が読めて学びがあります。また、タマオキアヤ オフィシャルブログのズバッと言いつつ本質を突く話が好きです。スピリチュアル系です。

コーチングやカウンセリングの資格あり。人の心に関することに興味があります。人づきあいが苦手で、学生時代は友達が作れませんでした。おかげで、どうやったら人と仲良くなれるのか真剣に学ぶモチベーションになりました。

食事や健康に気をつけています

小さい頃から肥満児で、高校生の時は身長154センチ体重74キロという巨漢に。その後、色々なダイエットを渡り歩き、最終的にカロリー計算をして半年で10キロ痩せました。食事で体が劇的に変わったことに衝撃を受け、栄養士になると決意。30歳から短大に行き、猛勉強して国家資格も取りました。

その後、ストレスにより過敏性腸症候群になり、西式甲田療法という少食にすることで改善しました。少食が体に良い、と言うことが身に沁みてわかったのです。詳しくは別ブログに書きました。
プチ断食で過敏性腸症候群が治った時の話。食べない、というシンプルな健康法

また、2017年から耳の病気も発症し治療中。すこし不自由な生活をしています。「健康と向き合うこと」が私の人生の大きなテーマなのかもしれません。

f:id:megumakou2014:20180704211356j:plain

ミニマリストになったきっかけは、お金

若い頃からお金の使い方が雑で、旅行やファッションはあまりお金を使わなくても、趣味の音楽や勉強にはお金を使いすぎていました。結婚して家計を任されたのですが、数か月で、貯金がもうすぐ底をつくことに気づき真っ青に。必死で節約をして、同時に断捨離も進み、気づくとミニマリスト(少ない物で暮らす主義)になっていました。長くなるので「ミニマリストになったきっかけ」という別記事へどうぞ。

このブログで書きたいこと

今日より明日が楽になる工夫を書きたいと思っています。そのために一番手っ取り早いのが、物を減らすことだと思っています。

物を手放す作業する時、一つ一つの物を「なぜこれを持つのか」「なぜ捨てるのか」というのを何度も自分に問いかけます。繰り返すうちに、自分だけの価値観が見えてきます。例えば、バッグを沢山持っているのはファッション性よりTPOに合わせたいという、実は人間関係を重視していることに気づいたりする。または、大量にある本が手放せないなら、自分には「好奇心を満たすもの」が必要なんだとわかる。

そうしているうちに、自分が何を重要視しているのかハッキリして、色んな場面で迷いがなくなります。最初は物の断捨離に始まって、そのうちお金や時間の使い方など、暮らしのさまざまなことを自分基準で選べるようになっていくのです。

世の中で必要と言われていること(例えば、マイホーム、資格を取る、飲み会に行くなど)でも、自分が価値を感じないなら、そこに労力を割きません。そうすると、お金と時間に余裕が生まれ、人生が楽になるのです。

さらに、生活でお金を使わなくなると、仕事量を減らすことができます。月15万で生活していた人が10万で生きていけるようになれば、フルタイム勤務ではなく、パートでも生活できる。そうしたら、どれくらい人生に時間と心の余裕ができるでしょうか。

そんなわけで、モノを減らすことが幸せになる近道と思っています。極端に持ち物を減らさなくても、部屋を少し片づけて広くするだけで、心も行動も軽くなり、人生をよりよくするきっかけになると考えています。

そんな40代主婦の日常と、暮らしの知恵、私が世の中に広めたいと思うことを紹介していきます。どうぞよろしくお願いします。

関連記事:ミニマリストになったきっかけ - ミニマリストは世界を変える!

 

北海道札幌市のカフェを紹介するブログはこちら 
札幌カフェめぐり

スピリチュアルに関する話題を更新しています
「氣」を取り入れた暮らし

健康に関する記事を別ブログにまとめました
自分の健康は自分で守る!効果のあった健康法・治療法を紹介するブログ

ESSEオンラインで暮らしの記事を書いています 
本多メグ アーカイブ | ESSE-online(エッセ オンライン)