ミニマリストは世界を変える!

ミニマムな暮らしは人生のハードルを下げます。合理的で楽な暮らしを発信中。月・金更新。


簡単料理 | 収納・片付け | 節約 | 家計簿公開 | 自己紹介

【100均】レンジOK!セリアの「割れない食器」がシンプルでオススメ!※追記あり

f:id:megumakou2014:20160605102049j:plain

今、お気に入りの食器があります。それは、100円ショップのセリアの「割れない食器」です。

私は不注意なので、年に数回は食器を割ります。毎回、割った食器はゴミになります。

先日、新品のお茶碗を、2週間足らずで床に落として割りました。その時、気づいたのです。「不注意な自分には、そもそも割れない食器が良い」ということに・・。

探してみると、そこそこキレイな割れない食器が100円ショップにあったのです!私がもう陶器の食器は買わないと思える商品に出逢ったので、今日はこちらを紹介します。

100円のお茶碗でも、軽くて美しい

私の持っている割れない食器は2つ。茶碗と四角い中皿です。 

f:id:megumakou2014:20160605102026j:plain

茶碗は12.5㎝で男性用サイズ。中皿は少し深さがあり、メイン料理を乗せるのに手頃なサイズです。まず、お茶碗にご飯をよそってみました。

f:id:megumakou2014:20160605102121j:plain

持ってみるとめちゃめちゃ軽いです。表面はツルンとしています。

f:id:megumakou2014:20160605102135j:plain

口に当たる部分はやや薄くなっていて、よくある子供向け食器のような丸い感じではありません。

もちろん、電子レンジOKです!表示を見ると140度まで加熱OK。この食器でオーブン料理はしないので、電子レンジに使えれば充分です。

メイン料理を入れる中皿、深さが使いやすい

f:id:megumakou2014:20160605102039j:plain

四角いお皿は、主に夕食のメイン料理を入れる時に使っています。今日はベーコンともやしの炒め物を乗せてみました。 

f:id:megumakou2014:20160605102049j:plain

近くで見ると、プラスチックであることはわかりますが、安っぽくはありません。炒め物、焼き物を盛りつけるのにちょうど良く、深さがあるので煮魚のような汁っぽいおかずも乗せられます。

軽くて扱いやすく、レンジ対応なので使う場面を選びません。もう、重たく厚いお皿には戻れないです。

割れない食器のメリット

・軽くて扱いやすいこと。割れないため半永久的に使えます。電子レンジ対応可能なので、陶器の食器と同じ使い方ができます。お年寄りや、目の不自由な方にもお勧めできますね。

捨てる時も楽です。陶器やガラス食器は、捨てる時に包んだり「キケン」と書いた紙を貼る手間がありましたが、プラスチック製品はそもそも壊れず、万が一捨てる時もゴミ袋に入れるだけ。

割れない食器のデメリット

・洗った後に、表面に少し油っぽさが残る感じがあります。神経質な人は気になるかもしれません。

・壊れないため、捨てるタイミングがありません。長期間使うことを考え、派手な色柄ものは避けた方が良いでしょう。

※2019年6月追記〜トマト系、カレー系のおかずをのせると、食器に色が残ります。お茶碗ならご飯用なので油物をのせませんが、おかずをのせるにはたまに漂白が必要です。お魚など香りの強い食品をのせると匂いも残ります。

100均の割れない食器は、お茶碗や汁碗、小さなおかずを入れる小皿を選ぶのがおすすめ。

その他の割れない食器

セリア以外の「割れない食器」は、下のナチュールシリーズがお値段もそこそこで気に入りました。カレー皿、中皿などバリエーションもあり、見た目がホーロー風でシンプルなのも良かったです。

その他に「割れにくい」で有名な、コレールのイチゴ柄も、可愛かったので心惹かれました。プラスチック製に抵抗がある方はこちらがお勧め。私も小鉢を3年ほど愛用しています。

セリアの割れない食器まとめ

・メリットは、100円でも見た目が良く、軽くて使いやすく機能的。割れないので買い替える必要もなく経済的。

・デメリットは、油が残りやすい。カレーなどの色が残り、香りも残るため、油の多い料理には使いにくいです。

油もの料理には使わないような、お茶碗、小皿、お味噌汁のお椀などがベスト!

同じシリーズで、大皿や小鉢など色々種類があったので、興味がある人はお近くのセリアを覗いてみて下さいね^^

人気の記事はこちら

【100均】節約のコツ。美容費の節約は100円ショップも活用 

【100均】セリアで買った物を公開。100円ショップで買物をする6つのメリットとは?