ミニマリストは世界を変える!

今が辛い人、疲れた人に、今日より明日が楽になる工夫を届けたい。

「てて」がいなくなった日。別れの先に、再会があるとしたら。

 

f:id:megumakou2014:20180828211457j:plain

今日の記事は、私的な話です。ミニマリストの話題ではありませんので興味ない方はスルーして下さいね。

 

先月の末に、父が亡くなりました。父と母は二人暮らし。

実家が遠くて、わたしは頻繁に帰れないため、週に一度は母に電話をかけていました。

 

電話で母が話す内容は

お坊さんが来るので、おりく膳(亡くなった方に上げるご飯一式)作ったとか

49日が終わるまで、あまり遊びにいけないから暇だとか

友達が遊びにきてくれて、大笑いして帰っていったとか

何気ない話。

そんな他愛の無い話でも、変わりなく暮らしていることがわかり、私も安心できました。

 

 

数日前に、いつものように電話しました。

「変わりない?」と私が聞くと

「ててが死んだ」

と、母が言いました。

 

父母の家では猫を飼っていました。「てて」という名前のオス猫で、亡くなった父といつも一緒にいました。

 

私は、うまく返事ができず・・

 
母は

「あのね、実はけっこう前から弱っていてさ。父が先か、ててが先か、って言う感じだったんだ。」

「弱った姿が辛そうだったから、見ているこっちも辛くて・・だから、逝って良かったよ」

 

「これで、本当に一人になっちゃった」と、すこし寂しそうに言いました。

 

私の実家は、もともと7人暮らしだったので広い家です。祖母が亡くなり、子供たちが巣立って、最後に母一人になってしまいました。

あの広い家に、母一人だと想像すると、寂しいだろうと思います。

 

てては、父になついていたので、亡くなって、あっちの世界で再会できているとしたら、父は喜んで迎えていることでしょう。

 

でも、こちら側に残された母は、寂しい。

 

でも、寂しいのは今だけで、私たちは全員、いつかは死んであちらの世界に行く。そして、また会える日が来る。そう考えると、少し気が楽になりました。

f:id:megumakou2014:20180828230934j:plain

 

電話を切る前に

「こっちは大丈夫だ、孫が来るから。アンタは心配すんな。」と、病気の私を気遣う母がいました。

 

私、もう40過ぎましたが、いつまでも母にとっては私は子供。

親の愛情、ありがたいです。

 

 

母にまた、電話をしようと思います。

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

記事に共感してくださったら、下の画像をクリックお願いします。いつも応援ありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

 

スピリチュアルのブログを始めました。興味あるかたはご覧下さいね。

megulife.hatenablog.com

 

このブログを書いているメグの自己紹介です(8・15更新)
あらためて、自己紹介。 - ミニマリストは世界を変える!