ミニマリストは世界を変える!

ミニマムな暮らしは人生のハードルを下げます。合理的で楽な暮らしを発信中


簡単料理 | 収納・片付け | 節約 | 家計簿公開 | 自己紹介

【節約術】ズボラでも続けやすい!節約料理のちょっとしたコツ2つを紹介します。

節約生活を始めて、5〜6年になります。普段、当たり前にやっている節約ワザをご紹介します。それは

・余熱で調理すること

・一つの鍋(釜)に2種類を入れて同時に温めること

どちらも光熱費の節約になります。無駄なく調理しようと思ったら、自然とこうなっただけなのです。手間要らず、難しい事は一切してないので取り入れやすいと思います。節約中の皆さんに、ちょっとしたヒントになるかもしれません。

余熱で調理をする 

みそ汁やスープは沸騰してすぐ火を止める

みそ汁やスープを作る時のちょっとしたコツです。

まず、鍋を火にかけて、その間に材料をざくざく切ります。切った材料を入れてひと煮立ちさせたら、すぐに火を止めます。ここがポイントです。

ふたをして放置すればもう火が通っていますので、あとからお味噌など調味料を加えてでき上がり。毎日このパターンで作っています。

火を止めたら、ガス台から離れられるので他の作業ができます。時間を有効に使えるメリットがありますね。

豚汁のように大きめの野菜が入っているならしばらく煮込みますが、小さく切った具材で作るみそ汁やスープなら、沸騰してすぐ火を止めても、余熱でちゃんとできあがります。

あまり火を入れたくないもの(ネギ等の薬味、わかめなど)は、別にしておいて、食べる直前に入れると良いですね。

f:id:megumakou2014:20190122175305j:plain

ゆで卵も同じ

卵を茹でる時も同様に、沸騰たらすぐ火を止めて放置。だいたい20分くらい置いておけばしっかり固ゆで卵になります。

1つの鍋で、2つのものを同時に温める

ご飯を炊く時、野菜を一緒に入れて加熱します。ご飯と混ざらないように、アルミホイルでくるみます。にんじん、じゃがいも、ゆで卵もできますよ^^今日はにんじんを入れました。

アルミホイルで包んで、炊きあがった状態がこちらです。

f:id:megumakou2014:20190122182002j:plain

こんな感じで、すこし固めに茹であがります。今日はサラダにしました。

f:id:megumakou2014:20190122182011j:plain

こちらの方法は、食生活研究家の魚柄仁之助さんの書籍で紹介されていました。炊飯器ではなく鍋で炊いていましたが、炊飯と同時に、空いたスペースで蒸し野菜を作っているのが斬新でした。もう20年以上前に読んだ本ですが、今でも何となく覚えています。

また、パスタを茹でるとき、他の野菜も一緒に茹でます。冷凍野菜を一緒に加熱するとまな板も不要で簡単です。
また、レトルトのパスタソースを一緒に温めることもあります。パスタもソースも加熱するなら、同時にしたいじゃないですか。
調べてみると、レトルトパックの同時加熱は害はないとのこと。
参考:パスタとレトルトソースは同じ鍋でゆでちゃダメ? メーカーに聞いてみた - ねとらぼ

疲れてご飯を作りたくないとき、私は、レトルトのスパゲティのお世話になることが多いです。そんな時はなるべく手間をかけずに作りたいもの。ソースを器に入れて電子レンジで温める手間も省けて、さらに洗い物も減るので便利なんです。

まとめ

節約できる調理法は「余熱で調理をする」「1つの鍋で、2つのものを同時に温める」でした。小さなことですが、節約や時短のヒントになればうれしいです。

また、おススメの節約方法があれば教えて下さいね、コメント欄などで気軽に書き込みお待ちしております^^

毎日のお料理の参考に(ブログ村テーマ)
専業主婦のお昼ご飯 
今日のメニューは何にしよう? 
手抜きごはん 
グータラ主婦の手抜き料理、弁当 

時短家事の工夫はこちら(ブログ村テーマ
時短家事の工夫 
☆15分以内で出来る!簡単料理
スピード・簡単レシピ おやつとごはん
家事がラクできる家づくり工夫♪


いつも沢山の応援クリックありがとうございます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

スピリチュアルのブログをはじめました。

megulife.hatenablog.com

このブログの管理人の自己紹介です(8月15日更新しました)
あらためて、自己紹介。

主婦が在宅で月に1万円稼ぐ方法をまとめました
主婦向け・ブログ村攻略の教科書|メグ|note

人気の記事はこちら
包丁がとげない人必見!誰でも30秒で切れ味復活、ヘンケルスの包丁研ぎ器がおすすめ!
料理好きなミニマリストが選ぶ、お勧め料理本3つ。
「超簡単な献立ベスト10」を考えてみた。

エッセオンラインで記事を書いています
本多めぐ アーカイブ | ESSE-online(エッセ オンライン)