ミニマリストは世界を変える!

ミニマムな暮らしは人生のハードルを下げます。合理的で楽な暮らしを発信中。月・金更新。


簡単料理 | 収納・片付け | 節約 | 家計簿公開 | 自己紹介

父が亡くなって、後悔したこと。「今度」は無いとわかっていたら。

f:id:megumakou2014:20180803235041j:plain

今日は私的な話です。先日、父が82歳で亡くなりました。その時に、後悔したことを書きます。

生前の父は、仕事を引退した後、自由に過ごしていました。実家から私の住む札幌市まで飛行機で1時間の場所にあり、何度か遊びに来ていました。最後に来たのは5年前。当時の父は、歩くのもおぼつかず移動はタクシー使用。耳が遠くて、賑やかな場所だと私の声が聞こえず、筆談を交えながら会話していました。2泊3日で滞在して、札幌の観光スポットをいくつか回って、ラーメンやお寿司を食べて私と二人の時間を過ごしました。

父は、機会があれば人と会いたがっていました。歳をとって友人も減り、寂しかったようです。

その時、旦那のお父さん(私の義父)に会いたいと言われました。耳が遠いので、私が付き添って筆談をしながら、気難しい義父と会うのは楽しい食事会になる気がせず・・正直キツイな・・と思いました。その時「また今度ね」と、断ってしまいました。父は、そうか・・と言ってそれ以上は無理はいいませんでした。空港まで見送って一緒にソフトクリームを食べて、帰って行きました。

その後の父は、次第に体力が衰え、旅行ができませんでした。もう札幌に来られず、約束した「今度」は無かったのですもし、これが最後だとわかっていたら、無理してでも会わせていました。私が面倒だという理由で、父の希望を叶えてあげかったことを、後悔しました。

もう、こんな思いはしたくありません。

まだ元気な母と、義理の父母との時間を大事にしようと思います。また、友人とも「今度」はないかもしれません。特に自然災害が多い最近は、100%会える保証はないです。

今日、目の前の人と会うのが最後になるかもしれない。そんな覚悟を、心のどこかに留めて、その時間を大事に味わっていきたいと思います。

このブログを書いているメグの自己紹介です
あらためて、自己紹介。 - ミニマリストは世界を変える!

主婦が在宅で月に1万円稼ぐ方法をまとめました
主婦向け・ブログ村攻略の教科書|メグ|note

人気の記事はこちら

片付けも掃除もできなかった私が、ミニマリストになるまでの話~前編
お金を引き寄せるには、納得できる使い道を決めること。「なぜかお金を引き寄せる39のルール」で学んだこと。

エッセオンラインで記事を書いています
本多メグ アーカイブ | ESSE-online(エッセ オンライン)